« ネタありぃ~っ! | トップページ | 写真が来ました! »

2006年11月14日 (火)

小噺でもしてみましょうか?

先日、箕面の猿の話が出たところで思い出した小噺を・・・・

あるサラリーマン夫婦がチンパンジーを飼うことにした。
この夫婦には子供が無くて、それはそれは大事に大事に、まるで自分の息子のように育てたものだった。
特に旦那の方は、よほど息子が欲しかったらしく、その可愛がり様といえば、まるで自分の分身に接するがごとく、それはそれは愛情の限りをつくしたものだった。

どんなペットでも飼い主に似るとは言うものの、そこへ持ってきて、猿は猿真似というくらいのもので、日が経つにつれその猿はだんだんと旦那に似てきたのだった。
旦那が食事をしようとすると、猿が先回りしてテーブルについている。風呂に入ろうとすると、猿の方が先に風呂に向かう。何か飲み物をと思った矢先に猿が冷蔵庫をあけようとする。新聞を読もうとすると、猿がささっと新聞を取ってきて読み始める。時たま女房のベッドにお邪魔しようとすると、猿がすでに女房のベッドに入っている。
いくら猿真似とはいえ、何もかも自分がしようとした事を猿がやりはじめるので、気になって仕方が無い。もうこれは完全に自分とそっくりの分身ではないか。

しかもある日、台所で女房とすれ違いざまに、ちょっとお尻にタッチしてみると、なんと猿も嬉しそうに嫁の尻に激しくタッチするではないか!
女房はといえば、旦那が触った時は迷惑そうな顔をするくせに、猿に対してはまんざらでもなさそうな顔をする!
そういえば、最近女房も自分に冷たくなってきたようにも思える。
いよいよ旦那の方は気になって気になって仕方が無い・・・・『自分と全くおんなじ行動をする猿が、俺が会社に行っている間に、家で俺の女房と一体何をしているんだろう・・・・』
そう思い始めて仕事が手に付かなくなってしまった旦那は、ある日こっそり会社を抜け出して、自分の家まで帰って来ていた。そして玄関の前に立ち、あの自分とそっくりな猿が一体女房と何をしているのかと、そ~っとドアの鍵穴から中を覗いたのだった。
すると、猿も向こうからこっちを覗いていた。

|

« ネタありぃ~っ! | トップページ | 写真が来ました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いよっ!師匠!
「山田君、座布団 1枚!」
お後がよろしいようで・・・(笑)

投稿: あじさい | 2006年11月15日 (水) 00時35分

おさむ師匠☆
こんばんは(o^_^o)
最後の方は、どうなるのか
ニコニコしながらと言うのか
何を期待してるのかと言う感じで
落ちをむかえ、大笑い(o^_^o)v
このお話は、実は実話だったりして?!
どこのお宅のお話ですか(*^_^*)

投稿: かきくけKEIKO♪ | 2006年11月15日 (水) 00時52分

あじさいさんおはようございます!

くだらない話で失礼しました(笑)
評判良ければ、また小噺シリーズで行かせていただこうと思っております・・・。

投稿: osamuchan | 2006年11月15日 (水) 09時21分

KEIKOさんおはようございます!

え~ 猿を飼ってみないと分かりませんが、案外実話なのかもしれませんね(笑)
30年くらい前に仕入れたお話なんですよ!
急に思い出したものだから書きたくなって(笑)

投稿: osamuchan | 2006年11月15日 (水) 09時24分

ペットは犬に限ります。
ね、おさむさんもそう思うでしょ。
エリーちゃんかわいいですよね~。

でも、
オス猿じゃあなくて、メス猿だったらどうなっていたんでしょうね?

この話聞いたら猿は絶対飼いたくありませんね~
だんな2人はいりません!

投稿: hiroro | 2006年11月15日 (水) 20時44分

hiroroさんこんばんわ!
エリーは元気です。

メス猿だったら、嫁さんが働きに出るって言うお話にしなくては(笑)

旦那一人でも充分大変って意味でしょうかね(笑)

投稿: osamuchan | 2006年11月15日 (水) 21時34分

うちには申年が4人もいるんですよ。
凄いでしょう!
犬飼っていますが犬と猿(?)仲いいですよ。
猿はうるさい~

投稿: hiroro | 2006年11月16日 (木) 10時15分

と、
言う事は・・・・
あなたも猿なのかなあ・・・・・

投稿: osamuchan | 2006年11月16日 (木) 11時16分

おさむさま~~~
私は・・・
とって~も物静かでございます。のよ!
口数少ないでございましょ。?

投稿: hiroro | 2006年11月16日 (木) 13時54分

Σ(・ε・;)
そりゃ猿にも口数の少ない猿もいますでしょうけどね!
猿は猿だわ(笑)多分!

投稿: osamuchan | 2006年11月16日 (木) 14時42分

サルと聞いて思い出したのですが・・・?

おさむさんの方は
いのしし鍋が有名との事
あと、鴨鍋も・・・。
ちょっと、聞いたことがあるので、お尋ねです。


投稿: 東京の友人 | 2006年11月17日 (金) 16時29分

東京の友人さんお久です!

いのししの鍋は、お皿に盛り付けた肉がまるでボタンの花のように赤く鮮やかなので、【ぼたん鍋】と呼ばれていますね。こちらの方が命名されたようです。
そこに、いのししの好物の山の幸をいっぱいほり込んで、何かしら供養もかねて感謝していただくのが流儀だそうですよ!
山の芋、大根、人参、きのこ、筍、白菜とかかな?
猪肉は炊けば炊くほど柔らかくなってね、牛や豚みたいに慌てて上げると、まだ硬かったりします。
まあ、料理旅館では、お座敷に上がって一人前4000円位、生肉使用の場合は6000円位かな。
2、3切れ食べると、ほんと身体の芯から温まってきますよ。

で、鴨鍋なんですがね。
こちらは、ここが本場じゃないようです。一体何処なんでしょうね?京都あたりでもよく見かけますがね。

投稿: osamuchan | 2006年11月17日 (金) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169158/12685867

この記事へのトラックバック一覧です: 小噺でもしてみましょうか?:

« ネタありぃ~っ! | トップページ | 写真が来ました! »