« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月28日 (日)

私が京都にいた頃の

Photo 写真は、私が京都に住んでいた頃の電話BOXなのですが。昭和40年代の後半ですね。
当時のBOXは、まるで鉄の箱でして、ドアを開けるために、取っ手代わりの丸い穴が開けてある以外は、全くの密閉状態で、冬ですと寒さも多少しのげますから、中で酒に酔ったオジサンが寝ていたり、トイレ代わりに、中で用を足したりする輩もいたりとかで、徐々に中の見通せる全面ガラス張りのタイプのものへと移行していく訳なんですが。

わかめさんが、この頃ちょっとご無沙汰なので、彼との想い出なんかを書かせていただくことに・・・・・・・

ある日の午後、わかめさんと飯屋で食事を終えて下宿に戻る途中、僕が『あっ、俺ちょっと彼女に電話するから、わかめさん先に帰っといて』と言って、わかめさんと別れてこの電話BOXに入ったのです。
まあ、電話とはいっても特に何て事もない、取りとめもないような話をだらだらと話していたのだろうと思うのですが・・・・・
急にお腹がゴワーンと張ってきて、何かね、困った事に『Pu~!』っとしたくなってきてしまったんです。最初は辛抱していたのですが、とうとう我慢も限界に来て・・・・・やっぱ彼女に『Pu~!』って、いくら電話とはいえ聞かれたら恥ずかしいじゃないですか(笑)
そこで、とっさに気がついたのがドアの丸い穴。『そうだ!ここだっ!』僕は、お尻をその穴にピッタリと当て、よしっとばかりに『プゥ~~~~~☆』と。
これがまたあの中学校の体育館の出来事にも匹敵するくらいの、我が生涯でベスト3にもランキングされるくらいの大物で!・・・・・・
と同時に電話BOXの外で『うわ~~~~~っ』という男の悲鳴が。
驚いて外を覗いて見ると、わかめさんが道路に仰向けにひっくり返っているではないですか!

『あほお~』とわかめさん。
何のことはない、わかめさん、僕が彼女と一体どんな話をしているのだろうと、興味津々でBOXの外から取っ手の穴に耳を当てて、ずっと話を聞いていたんだと。

『あほおっ、急に屁すなよ』「なんでやねん、そんなことしとるお前の方がおかしいわっ」・・・・・・と二人で大笑い。ハッハッハ~ワッハッハ~もう可笑しくて可笑しくて電話どころじゃない。彼女には『また掛けなおすわ~』って・・・・・。

もう5分くらい笑いがおさまらず・・・・・・・
わかめさん覚えていらっしゃいますでしょうか?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

大丈夫でしょうね?

Photo_260 ニュースによると、宮崎県で鳥インフルエンザが発生しているとのこと。
僕が週に一、二度仕入れ担当となって、よく出入りする○○スーパーでは、いつも宮崎県産の鶏肉が置いてあったもので、しばらくは様子を見ていたのですが・・・・・・。
先週末に覗いたところ、宮崎ではなく鹿児島産の表示の鶏肉に変っていたので、しかも価格も従来と全く同じ380円!(笑)
何の抵抗もなく買って帰ったのですが。

Photo_261 帰って来て、嫁さんにレシートを渡すと、しばらくして『お父ちゃんっ、宮崎の鶏肉買うたらあかんやんっ!』と言うので、慌ててレシートを見てみると、なんとレシートには「ミヤザキ」となっている。

まあね、なんかの手違いで、レジの中身の操作がまだ出来てないんだろうと思いたいし、まあ、どうせ煮たり焼いたりして食すものだから、全く心配はないんでしょうけども・・・・・・。

それにしても、ちょっとね。?????みたいなね。
皆さんはどう思われますかね?

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

昭和40年製

Photo_257 Photo_258

昭和40年製、ダイハツのハイゼットです。
スペルはZETTじゃなくてJETTなんですが、ゼットが通名となっています。360ccの空冷2気筒。ちょっと頑張れば80km位は出るとのこと。

もちろん、私が購入した訳じゃないんですよ。たまたま今日来られたお客さん(地元の人)が、いわゆるオールドカーのマニアみたいな方でしてね。
去年購入したとのことですが、それまでは田舎の倉庫で、動かなくなって眠っていたそうで、前のオーナーさんも40年も乗ってきたものだから、ついつい廃車にせずに大事に置いておられたそうな。
まあ私流に表現しますれば【廃車復活】みたいなものなんですがね(笑)
あちこち腐食した所を手直しして、エンジンもなんとか部品を探しあてて・・・・・かなりの苦労の甲斐あって、ようやく走り回れるようになったのだとか。
写真でご覧のようにフェンダーミラーは何処を探してもなくて、ミニクーパーのものを付けたということですが、まあもちろん僕にはできない話しではありますが、なんとなくそこまでのめり込む気持ちは分らんでもないですね。Photo_259

【私の友人Tomさんからのお願いです】
最近、カラオケに凝っておられるTomさんなのですが(笑)・・・・学生時代は、あんまり歌を歌ってるところは見たことないのですが。
ナット・キング・コールでお馴染みの『モナリサ(モナリザ)』の歌詞を求めておられるようです。どなたかご存知の方がございましたら、是非ともご連絡いただきたく、よろしくお願いします。m( __ __ )m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

お呼び出し三題・・・

【銀行の1】
今朝、いつもの銀行に行って、振込みとか両替とかを。椅子に腰掛けて呼ばれるのを待っていると『○野さあ~ん』て名前を呼ばれたから立ち上がろうとすると、横の方で『はい!』って返事をする女性が・・・・・。
まあ奇遇ですこと(笑)この街4万6千あまりの人口で、たった二軒しかない○野の姓。実際に名前を呼ばれたのは僕の方だったのですが、顔を見合わせて『いや~、お久しぶりじゃないですかぁ』みたいなね・・・・。
この女性と昔、地元の小学校のPTAの副会長を一緒にやっていた時があって、よく『夫婦でお役ご苦労さんやねえ・・・』なんて言われていたのを思い出しますが、一度聞いたところによると、彼女のおばあさんの何やらが何やらがほにゃららで・・・・途中から分らなくなってしまったのですが、遠縁にあたるという事で。
まあ、なんてオチもないのですが、そんな話。

【銀行の2】
僕の先輩に保井(やすい)さんて人がいるんですが。銀行で名前を呼ばれるのを待っていたそうですが、いつまでたっても名前を呼んでくれなくて、イライラしてたらしい。でもよく聞いていると何回も同じ名前を繰り返して呼んでいるようで・・・・・『ホイさんホイさんっ』って。
『わしゃ、中国人かいっ』って笑ってましたけど、以来彼のことをみんな『ホイさん』って呼ぶようになっております。『ホイホイってゴキブリのお家やん』とも。

【病院】
薬が出来るのを待っていると、『いまいちさ~ん、イマイチさ~ん』って。順番を待っていた20人位のみんなが一斉に顔を上げて注目を。誰だって、申し訳ないけど、そのイマイチさんって見てみたいですよね。(・д・)
う~ん、何となく、さすがイマイチさんって感じの人が・・・・・ごめんなさいm( __ __ )m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

つい先日・・・・

近くのスーパーで買い物をしてたんですが。ちょっと懐かしい顔を発見。
中学の同級生だったY.H君。実に中学卒業以来の再会?です。
全くその頃と変ってなかったから、すぐに彼だと分ったのですが・・・・・

僕は眼が合えばすぐにでも声を掛けようと、ずっと意識していたものの、ついに眼は合わさずじまいで。結局話すこともなかったのでしたが。何か彼も、僕のことに気がついてはいるのに、ちょっと意識的に眼をそらしていた感もあって・・・・・。

思い起こせば中学一年の七組。クラスではY.H君が一番身長が高くて、僕は二番目だったのですが、ある日の学年集会で、全員体育館に集合して地べたに座って、ステージの先生の話を聞いていた訳なんですが。

実は当日、僕は朝からお腹が張っていて、ちょっと調子が悪かった。まあ10分位なら辛抱できるかと頑張っていたものの、意外と先生の話が長引く。
だらだら、ダラダラ・・・・・20分は優に超えただろうか。皆も雑談などを始めて体育館の中もザワザワしてきた。ほんま、もうええ加減にせえよっ、辛抱できんわ、と思った矢先だった。先生が『静かにしなさい!今から大事な話をします』と言って、体育館の中が一瞬静まり返ったその時。
ついに限界に達した僕のお腹が爆発した★

『ぷう~~~っ』

静まり返っていた体育館。しかも音響効果抜群!
見事にその音は華麗なる響きをもって生徒全員に到達したようだった。
みんな、大声で笑いながらその『音』の方に目をやる。まるでウエーブのようにみんながみんなこちらを振り返るのだった。あの子もこの子もあいつもこいつも・・・・みんな僕の方を爆笑の顔でもって振り返る。うわ~これはたまらん。恥ずかしすぎる~。これではバスケット部のホープたる僕の面目も体裁も丸つぶれだ。
僕はとっさの判断で、そのウエーブの流れに乗って皆と同じように後ろを振り返ったのだった。
そこには一番後ろに座っていたY.H君しかいない。彼には振り返る後ろはなかったのだ。
気の毒にも大きい割に気の弱かった彼は一瞬何かを言おうと口をあけたものの爆笑の渦にかき消されて、しかも僕にとってはうまいことに見事に赤面してしまったのだった。

集会が終わり、親しい数人にはほんとの事を話したものの、衆目一致の『犯人』はY.H君ということになったのだった。
とんだ濡れ衣を着せられて、さぞかし怒っているんだろうと思いきや、その後、彼からの反撃は全くなかった。でも、それ以降一度も口をきいてはくれなかった。

先日、顔を見ながら僕をさけるような感じだった彼。ひょっとして今でも怒っているのだろうか?

※またまたココログのメンテがあります。
日時は1月16日(火)15:00~17日(木)15:00迄の24時間。この間はブログの閲覧は可能ですが、私も含む皆さんの、一切の書き込みが出来なくなりますので、よろしくお願い申し上げます。m( __ __ )m

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

中年ジャンプの基礎知識?

【風呂】
私が、ご幼少の頃(笑)風呂といえば、おばあちゃんやおふくろが、薪などをくべてくれて(注:この辺の田舎では燃やすことをくべると言ったりします)『湯加減どうやあ~』みたいなね。『まだぬるい』とかね『あつすぎる』とか窓越しに返事したもんなんですが。
じいちゃんにも『体を洗うのは、お湯を洗面器に三杯までで済まさなあかん』とかいつも言われてたりね。もちろんシャワーなんてある訳のない時代。
どうも、その頃のそういう体験や記憶が染み込んでいるせいなんでしょうね、未だにお湯は貴重なものだという感覚があってね。
だから、今でも、風呂に浸かった時に、お湯が湯船からあふれ出すと、体が自然に反応してピタッと止まってしまう。『あ~もったいないっ!』そんな感じ・・・・・。
まあこのあたりが、中年ジャンプたる境界線の所以かな?とも。

皆さんはいかがですかね?
もちろん、旅先の旅館なんかでは豪快に飛び込んで、ばしゃ~ってあふれさせてますがね。

【区別】
どうでもいいことなんですが、テレビ見てても若手の芸能人(こういう言い方がもうすでに親父)や歌手なんかの名前が分らない。モノマネの番組なんかでも、一体誰が誰のモノマネをしているのやら皆目分らんこともしばしば。
そんな私だから、もちろんどうでもいいことなんですが、加護ちゃんと辻ちゃんの区別が全くつかない!パフィーの亜美、由美の区別もつかない!
こんな私でも、最近ようやく、小倉優子とほしのあきの区別はつくようになってきたが。かといって区別がついたところで、何がどうっちゅうことはない。自己満足のみの世界。

まあこのあたりが、中年ジャンプたる境界線。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

想い出の一枚(8)

Photo_252 K平さんが、ちょくちょく(笑)顔を出してくれるようになったので、またまた彼との想い出話しでも・・・・・

ある日の午後、下宿で退屈していたら、K平が遊びに来た。
部屋に入るなり、持ってきた三文週刊誌をパラパラと開き『え~っと、どこやったかいなあ・・・・』と言いながら『おお、これや!お前これどないや』と言う。

見てみると何やら、遊びのスポットみたいな感じで書いてあったのが「東山七条の通称【おんな坂】の下にある、喫茶○○○○。ここは午後にでもなれば女子大生で常に一杯。まさに女の熱気がムンムンだ。一度あなたも訪ねてみては?」とある・・・・・。

『あほぉ~、こんなもん見に行ってどないすんねん、ど~せ嘘に決まっとるやんか(笑)』と言いながら他の話をしばらく・・・・。あれやこれやと2,30分話したのだが、ちょっと話が途切れて、あくびをしたり、寝っころがったり・・・・・。

『しかし暇やなあ』『すっことないなあ』・・・・・
『K平!行くど~』『よっしゃ~』

お暇な二人で行ってまいりましたよ。
問題の喫茶店はすぐに見つかって、二人半信半疑で中に入って行きました。『どうせ、んなもんガセネタに決まっとるやろ』と笑いながら入っていくと、何と30位テーブルのある店内はほぼ満員!かろうじて一席だけ空いていた席に陣取って、コーヒーをたのんで、もう一度店内をじっくり見回すと、週刊誌に書いてあったとおり、ほんとに女ばかり、端から端まで女だらけ★まさに女の熱気がムンムンムンムン・・・・笑
5分もしないうちに『おいK平、何や息苦しいないか?』『何や圧倒されてしんどなってきたわぁ』『無茶苦茶居心地悪いなあ』『なんやら場違いもええとこやな』『さっきからジロジロ見られてるで』・・・・・

てな訳で、ささっとコーヒーを飲んで、ささっと出てまいりました(笑)
帰りの車の中で『アホッ、お前がしょうもない話し持ってくるから恥かいたわ』『なんでやねん、お前さえ行こうて言わんかったらあんなとこ行っとらへんわ』『お前やちゅうねん』笑

それにしても、お暇な二人。女だらけの中で、宙に浮いたようになって、酸欠のまま無残にも玉砕したのでした。
『女はもうええから飯でも食いにいこら~』『ほんまほんま』

Photo_253 Photo_254
写真は、そのK平さんが、僕の長男が生れた時の写真をもとに描いてくれた油絵です。

ずっと僕の部屋に掛けてあります。
                          大事な宝物です。

          (写真はクリックしていただくと大きくなります)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

新年のご挨拶。

事情により、大きな声では言えませんが・・・・・
皆さんあけましておめでとうございます(結局言うとるんですが・・・笑)
今年もよろしくお願いしますね!

この三が日は、スーパーに買い物に行ったくらいで、殆ど寝正月となりました。しかも昼寝もきっちり(笑)
ちょっと、ハマったと言えばゲーム機のWiiですね。
息子によると、去年買ったプレステ3も家電店に行けばすぐに手に入ったようですし、元日の限定100台っていうチラシに載っていた、Wiiも午後3時ごろに思いついて買いに行ったら、まだ20数台残ってたそうで・・・・
案外、田舎は無風地帯なのか?
Wii
いやあ、しかし所詮子供のおもちゃだと馬鹿にしてたんですが、いやあ、これがおっさんも見事にハマってしまいまして・・・(笑)
何せ、ゲームに登場するキャラが自分で作れるっていうところがミソでしてね。家族はもちろん、近所のオッチャンまで作ってね。しかも人間しか作れないところを無理やりエリーに仕立ててみたりと・・・・・

買ってきたソフトの内容はゴルフ、ボウリング、野球、テニス、ボクシングとかね、色々と遊べるものなんですが、とにかく体を動かして遊ぶというところがポイント高い。
振り回したり飛んでみたり(飛んでも意味はないんですがね!)時々壁やら椅子にゴツンと当たってみたりと・・・・
まあいい歳こいてマジで真剣に子供たちと遊ばせていただきました。
でも、おっさんはボクシングだけはしない方が賢明ですよ。ゲームのキャラがダウンする前に、やってる本人が息切れして倒れそうになりましたもん(笑)

そんなこんなでお正月。

| | コメント (15) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »