« 第十一回【おさむ版青春のうた】 | トップページ | 中年ジャンプ的【人生論】 »

2007年2月10日 (土)

突然の電話で・・・・

一昨日、Tomさんから携帯に電話が入って、慌てて出ようとして間違って切れてしまって・・・・・
今日はまた遊びにでも来てくれるのだろうと思いながら、すぐに携帯に掛け直したら、電話に出たのは彼の奥さんでした。

「ごめん切れてしまった(笑)」・・・・・
『あの・・・・・』
「どうしたの?」
『主人が・・・・・・』

大学時代以来の付き合いを続けてきたTomさんこと、松本智典君が、突然倒れて急逝しました。6日の夜だったそうです。
あまりにも突然で、言葉もなくて・・・・・
彼女の声を聞いていたら僕まで泣けてきて、お悔やみも慰めも言えなくて。

今日、姫路まで彼とのお別れに行って来ました。遺影を見るだけで泣けてきて。葬儀の間中そのにこやかな表情の写真ばかりを見ていました。
そして、大勢の人達に見守られて、松本は斎場を出て行きました。もう二度とあいつの優しさに触れる事はできません。

一緒に過ごした京都での楽しかった想い出とともに、今日の一日の記憶は決して忘れることはありません。

松本。ほんまにありがとうな。060313_114101_1

|

« 第十一回【おさむ版青春のうた】 | トップページ | 中年ジャンプ的【人生論】 »

想い出写真集」カテゴリの記事

コメント

長年の親友を亡くすというのは、本当に辛いことです。私も昨年中学からの親友をなくしましたから、オサムさんの気持ちは痛いほどわかります。
淋しいですよね。

今はただ、松本智典さんのご冥福を心よりお祈りします。

投稿: あじさい | 2007年2月11日 (日) 00時56分

。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

辛いですね。こういうお話を聞くのは・・・。

まだ、お若いのに・・・

奥様も、お子様もおかわいそう


うちの旦那に煙草、お酒を控えさせなければ・・・
いえ、止めさせなくては・・・。


松本智典さんのご冥福、心よりお祈り申し上げます。

投稿: ☆ | 2007年2月11日 (日) 10時15分

おさむさん☆
このお写真を以前に見せていただいて
「友達っていいなあ!」と思っていたので
読ませもらっているうちに
涙で読めなくなってしまいそうでした。
松本智典さん(Tomさん)
友達の素晴らしさを教えていただき
ありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。
おさむさん!いつまでもいつまでも
Tomさんのことを忘れないで下さい。
そして、Tomさんの優しさをブログで
私達に伝えてください。
それも供養になるのではないかと思います。
今は無理だと思いますが、おさむさんが
元気になられることを願っています。

投稿: かきくけKEIKO♪ | 2007年2月11日 (日) 10時18分

松本智典さんのご冥福をお祈り致します。
また、おさむさんの心中をお察しします。

・・・言葉が出て来なくてごめんなさい。

投稿: K美 | 2007年2月11日 (日) 10時41分

まさに晴天の霹靂のごとく人生においても何が起こるかわかりませんね。

学生時代からのお友達の突然の訃報でosamuchanもショックで辛い思いをされて・・・お気持ちに痛感いたします。

あまりにも早すぎる逝去にTomさんも無念だったでしょうが残された奥様、お子様の心痛は察するにあまります。   私事ですが、同じ立場として
耐え難い思いです。  夫が体調不良を訴えて病院へ行き私だけが医師に呼ばれ「残念ですがもうどうしようもありません。あと2ヶ月半ですね・・・」 と余命宣告されてからほぼ宣告どうり
夫は旅立ちました。  私はまだその期間こころの準備と覚悟をする時間がありましたが、松本さんの奥様にはその余裕もなくお気の毒でたまりません。   27年連れ添った夫を亡くした妻、若くして父親を失った息子達、そして何よりも大事な一人息子に先立たれた老義父母、それぞれの立場で悲しみを乗り越え3年7ヶ月が経ちました。    松本さんの奥様、ご家族の方々にはいまはただ智典さんのご冥福をお祈りします。
 

投稿: ダックス | 2007年2月11日 (日) 11時28分

松本さんの奥様、ご家族の方々心よりお悔やみ申し上げます。
智典さんのご冥福、心よりお祈り申し上げます。


osamuchan さん突然の訃報驚いた事でしょう?

とても寂しいですね・・・
本当に悲しいですね・・・

慰めの言葉って・・

・・・出てこないものですね

投稿: 東京の友人 | 2007年2月11日 (日) 14時27分

◇あじさいさん
◇☆さん
◇KEIKOさん
◇K美さん
◇ダックスさん
◇東京の友人さん

皆さんを、ひとまとめにしてのレス申し訳ありません。

友の冥福を祈っていただきありがとうございます。また僕に対する励ましも感謝いたします。

彼もこのブログをいつも読んでくれていたそうで、時々足跡を残してくれていました。

悲しいです。
皆さんは絶対に僕より長生きして下さいね。
僕の正直な気持ちです。

投稿: osamuchan | 2007年2月12日 (月) 17時01分

もし、よろしかったら
左のカテゴリーの一覧の【想い出写真集】より4月27日付の記事を見ていただけたら幸いです。

投稿: osamuchan | 2007年2月12日 (月) 17時06分

4月27日の記事読みました。 なんか良き時代の青春ドラマのようで、男同士の熱い友情に胸がキュンとなりました。  本当にTomさんは気持ちの温かい笑顔のすばらしい人だったんですね。
 もうそんな彼に二度と会えないなんて・・・。
でもきっとあの世からやさしい笑顔でosamuchanのことを見守ってくれていますよ。

投稿: ダックス | 2007年2月12日 (月) 19時11分

ダックスさん

まあ、もちろん、僕の事なんかよりも家族の事ばっかり気がかりで仕方ないとは思いますがね。

また、彼との想い出話を書きたいと思っています。また読んで下さいね!

投稿: osamuchan | 2007年2月13日 (火) 10時59分

おさむさん☆
こんばんはm(__)m
Tomさんとの想い出話、読ませていただきたいです!

投稿: かきくけKEIKO♪ | 2007年2月14日 (水) 00時05分

KEIKOさん

UPしました!長いですよ(笑)よろしく。

投稿: osamuchan | 2007年2月14日 (水) 16時22分

おさむさん、初めまして。突然のコメントで失礼致します。智典さんのいとこです。
たまたまおさむさんのブログを見つけることができ、智典さんを再びしのぶことができて良かったと思います。智典さんの奥さんと子供達、両親にもこのブログを見せたいと思います。
4月27日の記事も読ませて頂きました。智典さんの何気ないコメントでしたけど、やはり涙が出てきてしまいました。
図々しいお願いではありますが、もし他にも智典さんの記事がありましたら教えて頂けないでしょうか?家族に見せたいと思います。宜しくお願い致します。
末筆になってしまいましたが、どうぞおさむさんもお体に気を付けて元気でお過ごし下さい。
日にちが経ってしまった記事に対してのコメントなので、おさむさんに読んで頂けるのか心配ですが、取り合えず入れさせてもらいました。

投稿: 智典のいとこ | 2007年2月17日 (土) 16時38分

智典さんのいとこさん
初めまして。

実名を出していいのだろうか?という心配をしながらも書き始めてしまっています。お許し下さい。また、訪問していただき感謝します。

実は今、だらだらと書いている記事も彼の事を書きたく思い、書き始めたものです。つたない文章でうまく書き表せるかどうかは不安ですが、心からの供養も兼ねて書かせていただきたく思っています。
どうか奥様、息子様にも呉々もよろしくお伝え下さいませ。
何か見つかりましたら、また書かせていただきます。

投稿: osamuchan | 2007年2月17日 (土) 17時43分

追伸
彼との話そのものではありませんが
8/5. 1/21

彼の書き込みは
3/10. 3/26. 4/10. 5/14

にあります。
またお時間ありましたらということでお願いします。

投稿: osamuchan | 2007年2月17日 (土) 19時13分

早速に教えて下さり、有難うございます。日にちが経過していたので、気付いてもらえないかと心配だったのでホッとしています。ゆっくり拝見させて頂きます。
今は奥さんも子供達も忙しくしているし、もう少し心身ともに落ち着いた頃におさむさんのブログをお見せしたいと思います。
このように智典さんが残念なことになってしまったので、これから先の思い出を作ることはできなくなってしまいました。それだから今までの思い出というのは、とてもとても大切なものだと私は思っています。
おさむさんと智典さんは大学生からのご友人でしょうか、そうであれば奥さんや子供達の知らない楽しいエピソードをお聞きすることができるかもしれませんネ。
有難うございました。

投稿: 智典のいとこ | 2007年2月20日 (火) 11時23分

いとこさん
こんにちは!

松本君とは、昭和46年に大学入学以来の交遊をいただいていました。一、二回生時に同じクラスだったのです。クラスが変っても一緒によく遊びましたよ。京都市内は勿論のこと、滋賀、岐阜、奈良とかまで・・・・よく出かけたものです。
卒業後も今日まで、何回もこちらに足を運んでくれました。
大きな柱みたいなものが、なくなったようで、とても淋しくとても残念で仕方ありません。
すみこ様にも呉々もよろしくお伝えいただけたらと思っています。
大学の頃の思い出話はまだ続きますので、また読んでいただけたらと思います。

投稿: osamuchan | 2007年2月20日 (火) 16時05分

智典さんは何処でも行くのが好きな人でしたからね。私も彼自慢の車でドライブを楽しみました。

奥さんにすぐに会える所に住んでおりませんので、いつになるかは分かりませんが、奥さんに会った時には必ずおさむさんのことをお伝えしますね。

大学の頃の思い出話、これからも楽しく読ませてもらいます。

投稿: いとこ | 2007年2月20日 (火) 16時18分

ごめんなさい
私がネームを省略したものだから【いとこ】さんだけになってしまったようですね。

彼は車好きでしたね。学生の時に彼と僕は、全く同じ車に乗っていた時期もあるんですよ!

あちこち、行きましたが、目的地がどうのこうのと言うよりも、車で走るその道中を楽しんでいたようにも感じます。

投稿: osamuchan | 2007年2月20日 (火) 18時30分

そうなんです。智典さんは目的地で楽しむのではなく、車で走ることが楽しみなんですよね。

おさむさんが教えて下さった、過去の智典さんに関わるブログ、コメント全て読ませてもらいました。
5/14の母の日に関するブログでの智典さんのコメントは、智典さんらしいコメントと思いながら、うれしいと悲しいという感情が同時にわいてきました。奥さんにぜひ見せたいと思います。

投稿: いとこ | 2007年2月21日 (水) 10時36分

『ちょっとついて来いや』なんて言われて
目的地も聞かず、よく彼の車の後を追いかけたものですが、飛ばすんですよね。
見失う事もザラでした。

何につけてもよく気の回る、優しい人でしたよ!

投稿: osamuchan | 2007年2月21日 (水) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169158/13859196

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の電話で・・・・:

« 第十一回【おさむ版青春のうた】 | トップページ | 中年ジャンプ的【人生論】 »