« 京都市北区小山板倉町 | トップページ | タイガーマスク初戦は »

2007年5月17日 (木)

わかめさんのリクエストにより・・・

わかめさんの先日のリクエストによりまして、いかにも身内のネタなのですがN君のお話などを少々・・・・。
多分、笑って読めるのは、わかめさんとK平さんくらいでしょうけどもね!

僕の同郷の友人で、同じ大学に進学してきたN君。普段はお兄さんと二人で借りている大阪のアパートから通学していたのですが、絶対遅刻してはならない必須科目が一時限にあるような日の前日は必ずといっていいほど、僕の下宿に泊まりに来ていました。
そんな訳で、同じ下宿のわかめさんも、彼と接する機会も多かったようです。
N君自体は、ほんとにとてもいい人で(笑)勉強家でもあり、経済観念にもすぐれ(笑)割れた眼鏡を3年間も使い続けるような人でした(笑)

ある日、彼と一緒に近くの銭湯に行った時の事、二人並んで体を洗っていると、彼が言うのです『なあ・・・、このカミソリまだ使えるやろか?』・・・・見ると丁度二人の足元の排水口の所に使い捨てのカミソリが落ちている・・・・「アホか、そんな誰が使うたかわからんようなババチイもん触るなっ」と、僕は答えて頭を洗い始めたのですが・・・・突然「わっ!」と言う彼の悲鳴にも似た声がするので、慌てて見てみると、なんと彼はそのカミソリで髭を剃っていたようで、そこには顔中血だらけのN君が・・・・・で、すました顔をして曰く『やっぱり捨ててあるだけのことはあるわ』

そんな彼が、京都の上桂に下宿するようになったと言う話があって、しかも格安の2500円。当時は畳一枚千円が相場の時代に、六畳で2500円の下宿があったと言うのです。それを聞いた僕は、早速暇に任せて、彼の下宿を拝見に行ったのでした。
阪急電車の駅を降り、歩く事およそ10分、だんだんと田舎の景色に向かいます。今でこそ賑やかな場所となってはいるものの、当時は田んぼばっかりだったような・・・・・「おいっ、ほんまこんなとこに下宿なんてあるんかいな?」と言うと『まあそない言わんと付いて来いや』と言いながら一軒の農家に着く。『ここや』と彼が指差すその先は、大家さんの家らしき建物の横にぽつんとある納屋のような・・・・・。
彼に付いてその納屋に入ると、得も言えんような屁くさいような香りが・・・・・

Photo_76 なんとそこは納屋ならぬ牛小屋!
『あれがわしの部屋や』と彼は二階らしき所を指差して言うのです。
「お前、これ牛小屋やんか」『ちゃう、もう牛はおらんって言うてはった』「おらんって言うても、昨日まで牛がおったんちゃうか」『そうかも知れん』「まだ、藁が敷いてあるし・・・・」『このハシゴ登らなあかんねん』「これほんまのハシゴやんか」『気ぃつけて登れよ』・・・・・

「しかし屁くさい部屋やなあ」『一時間ほどしたら慣れるわ』「そんな問題ちゃうやろっ」・・・・・「しかし大家も考えたなあ、牛からは家賃取れんしね」『わしは牛よりかはマシちゅうことやな』笑・・・・・「しかし、底が抜けそうな部屋やなあ・・・・・まあ抜けても下は藁やから命には別状ないやろけどな」

大便は大家さんの家のを借りる、小ならその辺の田んぼでできる(笑)その部屋で匂いに慣れるという一時間ばかりを過ごしたが、相変わらずくさかった。
部屋を出てハシゴを降りて、上で見送るN君に「ハシゴ外しといたろかぁ」と言うと、必死の体で『あかんっ!それだけはやめてくれ』と言う彼でした。

※口では説明しがたいので、記憶をもとに絵にしました(笑)Photo_77

|

« 京都市北区小山板倉町 | トップページ | タイガーマスク初戦は »

想い出写真集」カテゴリの記事

コメント

何回聞いても、
この話は面白い腹から笑いました
(笑) (笑) 腹が痛い。
彼のメガネは最初、片方だけレンズが上から下に
割れていて。 割れていても、見えることは見えるかと思っていると、‥‥ 
1年経過したころ、ふと見ると両方割れていました
ねー‥‥。
それでも彼は平気で使い続けましたなあー。
知らん人が彼のメガネを見たらどう思ったでしょうか。
しかし面白い(笑)(笑)何回聞いても面白い。
続編 希望

投稿: わかめ | 2007年5月17日 (木) 18時59分

はじめまして!
今日、初めて兄にこちらを教わった
わかめの妹です。
N様の事、中学生であったワタクシの脳裏に強烈に
焼きついております。
T様とご一緒に、わかめの家に来られたN様。
曇った厚い眼鏡の両眼に、ピシッと強烈に縦に入った
割れ目・・・・・
ご両人が帰られた後、兄に
あの眼鏡が両方割れた人?とたずねたものでした。

今回、若冲展に同行しました。
兄が在京中、決して行かせてもらえなかった京都
兄の学生生活が蜃気楼の様に垣間見た気がしました。

投稿: わかめの妹 | 2007年5月17日 (木) 19時46分

わかめさんこんばんわ!

リクエストにお応えしましたよ(笑)
でも、いい人だったですよね彼。今は公務員さんですけど。頑張っておられるようです。
でも、ほんとひどい下宿でした、N君も半年もいなかったですもん(笑)
ハシゴ、結構怖かった記憶もあり。
今なら必ずケータイに収めるところなんですが、とりあえず、絵にしてみたんですよ!

投稿: osamuchan | 2007年5月17日 (木) 20時33分

わかめさんの妹さん
初めまして、来ていただき感謝します。

そうでしたか、うっすら記憶があります。一度お家にお邪魔して、その後「蟻の道?」だったか何か変った名前のレストランみたいなところで食事させてもらって、確か泊まったのはホテルだったような。
左にあるカテゴリーのところの【想い出写真集】をクリックしていただくと、あの時に三人で撮った写真を一枚載せています(笑)
わかめさんとの逸話も何処かには書いておりますので、またお時間ありましたら(笑)
今後ともよろしくお願いします。

投稿: osamuchan | 2007年5月17日 (木) 20時40分

こんばんは♪
絵がなくてもじゅーぶん、におてきてますよ~(いや文章がうまいって意味で…ほな絵が下手なんかって、そう取られてもまずいような…)
でも、帰省中に部屋が狭くなってる下宿といい、牛小屋の下宿といい…びっくりギュウてんですね(^_^;)

ところで、わかめさんはどうしてわかめさんと呼ばれてるんでしょうか?

投稿: おれんじたまご | 2007年5月19日 (土) 21時15分

おれんじたまごさんこんばんわ!

駄洒落一発かましましたね(笑)
ありがとうございます・・・m( __ __ )m

わかめさんは
最初にここに来てくれた時に「徳島の鳴門わかめ」ってね(笑)徳島だけでも、鳴門だけでも、わかめだけでも誰だか分るってね(笑)以前よりわかめは度々送ってもらってますしね。
だから僕が勝手に短くしたんです。

投稿: osamuchan | 2007年5月19日 (土) 22時14分

おさむさん☆
こんばんは(*^_^*)
Nさんタイプの方って、
私達が若い頃(今も若いですが...?!)
よく見かけたような気がします(o^_^o)
下宿先が、牛小屋だなんて
モウ大変でしたね(笑)

投稿: かきくけKEIKO♪ | 2007年5月21日 (月) 22時59分

KEIKOさんおはようございます。

いやあ、ほんと貴重な方でしたよ(笑)
でも、随分と親しくさせていただきました。

最初、まぢで藁の上で寝てるのかと思ってしまいました(笑)
あの下宿じゃ夢も希望もウシなってしまいそうですね!

投稿: osamuchan | 2007年5月22日 (火) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169158/15103488

この記事へのトラックバック一覧です: わかめさんのリクエストにより・・・:

« 京都市北区小山板倉町 | トップページ | タイガーマスク初戦は »