« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

初めてのモツ鍋・・・他

Photo 【初めてのモツ鍋】
昨日、近所のオッサンばかりの会合で、生まれて初めてのモツ鍋を食べて来ました。もともとホルモン系が苦手というか見た目に駄目な方で、コテッチャンくらいしか食べた事がなかったのですが(ホルモンを焼いた後の鉄板で焼くうどんは確かに旨いが・・・・)最近、近くにモツ鍋が食べられるお店が出来たということもあって行ってみたのです。
昔の古い旅館を改築して、実に面白い造りになっているのも興味を惹いた理由なわけで。モツ鍋なんて一時のブームも完全に去ってしまった感があるものの・・・・・。

別に何てことはない、普通に旨かったですが、特に野菜が。ちょっと写真を撮り忘れて、鍋の写真は殆ど食べ終わってからラーメンを入れて炊いているところなんですがね。
Photo_2 あんまり旨そうには見えんですが、まあまあいけたものです。

ここは本来はラーメン屋さんで、ラーメンのメニューは30種ほどもあって、鍋を食べた後はラーメンを食べたいと思っていたのですが、もうすでにお腹が限界でして。ギョーザも食べたし、丼物としては一種類しかメニューにない玉子丼も食べたし。久々にポンポンっていうくらい食べてしまいました。
他の人は酒、ビール、焼酎などなど結構飲んで・・・・・それでも一人頭3400円は安いかな?

Photo_3 後は、ここのお店の売り物はというと、ちょっとした足湯のできるコーナーがあるのと、まるでCTスキャンでもするような装置なんですが、岩盤浴のできる部屋があるんです。
みんなオッサン達興味津々で覗き込んでおりますが、誰一人、やってみようと言う者はいませんでした。
僕も駄目です。サウナも大の苦手ですし。
まあ、また行ってみたいなあって、ここだけの話、そういうお店ではなかったですが、かなり珍しく話のネタにはなろうかと。

【足の爪切り】
最近、足の爪を切るのに、爪よりも先にちょっと息が切れる。体が硬くなってきたのか、Gパンがきつすぎるのか?真剣に丁寧に切っているとめまいのくるような感じも。
昼間であろうがお構いなしに、事務所の横の部屋でGパン脱いで「これなら楽チン」とばかりに爪を切る今日この頃で・・・・皆さんはいかがでしょうか?

【世界陸上】
何か、毎日やってますねえ。いつもながら織田裕二の一人はしゃぎが気になるものの、タイガースも弱いし、ついついこちらにチャンネルを合わせております。
日本人選手がイマイチ弾けてくれないから、外国人選手の名前などを見て楽しんでおります。
ドイツ人でオンネンなんて怖い名前の選手がいるかと思うと、一着なのにビリなんて名前の選手がいたり、優勝して当たり前のオールグーなんて名前の人が金メダル取ったりとかね(笑)ジャンケンは弱そうだけどね(笑)

次回もこんな調子で書きますね!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

続・三洋製の扇風機

今朝、三洋から電話があって『今日の午前中はいらっしゃいますか?』と言うので「えっ!もう回収に来るん?おるにはおるけど」と答えると『では、今日の11時半ごろになりますがお伺いさせていただきますので・・・・・』

「相談室の人には、この夏まだまだ暑いから、もうちょっと使うてから取りに来てやって言うたんやけど」
『う~ん・・・・・・・』
「う~~~~~~~~ん・・・・・・・」
『・・・・・・・・・・・・・・・・』
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ラチがあかんから「ハッハッハッハ、ほな、今日やな。昼前な。」
『はい、よろしくお願いします』てな会話で。

福知山から三洋のジャンパー着た人が取りに来ました。
扇風機を渡して、品番やら、なんじゃかんじゃ書類に書き込んでから『ここに判子お願いします』って。判子押しながら「んなもん、30年も経ったら、三洋だけやのうて他のメーカーのんかてあかんよになるわなあ」『はあ、・・・まあ・・・』「どこがあかんようになるん?」『主にコンデンサーですねえ、劣化して発熱を・・・・・』
そんな会話の後、『お金という訳にはいきませんので、これをお受け取り下さいませ』と。
1000円分のクオカード。

Photo 何かすっきりせんものの、まあそんなもんでもくれるだけマシかなあって。
昨日、オヤツ買って来てくれた三男にあげました。
クオカードなんて見たことも、使ったことないもんだから(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

三洋製の扇風機

Photo 先日、37年前の三洋電機製造の扇風機から発火。老夫婦が亡くなるという痛ましい火災事故となった。
そのニュースをテレビを見ながら、嫁に「うちにも、ちょっと古いのんあったんちがうかなあ?」と言うと、その古い扇風機は嫁の部屋にあって『うわっ!三洋って書いてあるわぁ・・・』てな返事で・・・・・。

ネットを見るとフリーダイヤルで問い合わせができるようなので、一応、品番をメモに控えて電話を掛けてみることに・・・・・・ちょっと笑えたのはその専用窓口が【扇風機相談室】やって!(笑)まんまのまんま。

が、しかしそれがなかなか繋がらない。昨日から何回も暇に任せて掛けてはみたものの皆目繋がらない。『込み合っております・・・・』のテープ音のみ。
嫁に「しかし何ぼなんでも30年も前のやつちゅうことはないで、うちのは」『古くても20年位やんねえ、多分』なんて会話をして、さて今日の夕方。何気なく掛けてみると電話が初めて繋がった!
「うちのんの年式調べてほしいんですが」と言うと
『ご迷惑をお掛けしております・・・・。はい、ではEFから始まる品番はお判りでしょうか?』
「え~~っとEFの6UZですね」
『はい、それは昭和48年製のものになります。73年製ですね。』
「ええ~~~~っ、昭和48年???」
『そうなります、34年前になりますねえ・・・・・』
人間の記憶なんて実にいい加減なものなんですねえ、僕も嫁もせいぜい20年くらいのものだとばかり思っていたら、何と34年なんですからね。
動揺隠せず「で、ど、ど、どないしたらいいんですか?普通にちゃんと回ってますけど」と聞くと
『大事にお使いいただいておりますが、大変申し訳ございませんが、やはり発火しない保障はございませんので、できれば廃棄していただきますようにと申し上げるしかございません、大切にお使いいただいておりまして本当に申し訳ございませんが・・・・』
「捨ててくれってこと?」
『はい、申し訳ございませんが、そういう様にしかお伝えができませんので・・・・』

もしも横柄な言い方をされたら、こちらも怒鳴り倒す予定?ではいたものの、応対に出た女性があまりにも低姿勢に(当たり前ではあるが)話すものだから、もう笑ってしまうしかなくてね。
「まあ、今年はまだまだ暑いから、もう少し回してからという事にしますわ」って。「目の届くところで回すのには支障はないやんね」みたいな・・・・・。

結局、一方的に廃棄しろという訳にもいかないようで、後日、三洋の方から電話を入れて、回収に行かせてもらうとのこと。
昨日の朝から電話の掛かりっ放し、怒こられっ放しのようで向こうもお疲れの様子。まあ、こんな言い方したら問題になるけれども、昨日今日買った物でも、いつ火を吹くか分らんような某中国のヒーターなんかよりは、34年も持ったのだからよっぽどマシかってことで、勝手に納得して「そちらもお疲れ様やね」と電話を切ったという次第。

嫁にその旨伝えると、ちょっと不服そうな顔をしたものの(笑)・・・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

レッツゴー!若大将

Photo またまた、懲りもせず観ております。
今回は香港ロケというパターンなのですが、気が付く事は、いつもハワイだのスイスだのに行く時、必ずPAN AMを使用してるんですよね、これが。
しかも、昨日初めて分ったのが、この飛行機のスチュワーデスに酒井和歌子がワンポイントで出演していたんですねえ。Photo_2
実にい初々しいという表現がピッタリでした。今まで知らなかったです。はい。

他にも宝田明、前田美波里、ワイルドワンズなんかの出演もあって、なかなかグーなキャスティングだったように感じます(笑)

Photo_3 Photo_4

いつもながら、石山のトラブルに巻き込まれる田沼だし、どこの街でも、澄ちゃんと偶然出会ってしまう田沼だし、必ずダンスパーティーが開かれるし、澄ちゃんは毎回毎回襲われそうになるしのパターンながらも観てて飽きないのは僕だけか?
ただ、澄ちゃんがいつもよりも、ちょっと能動的?に進化してきた印象。毎日見てると星由里子っていいよね!ほんと。Photo_5 ちょっとファン。

『まだ見ぬ恋人』や『旅人よ』等の名曲も聴けたし、めでたしめでたし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

アルプスの若大将

また観てしまいました。何回も観てきたのですがね、これまで。
タイトルはアルプスなんですが、映画の内容の殆どは苗場が舞台です。大学の若大将では水泳、ハワイの若大将ではヨット、今回は勿論スキーです。
田沼のスキーの実力は元国体代表だけあって大したもので、画面せましと滑りまわります(笑)

Photo 大学の若大将では、便所の汲み取り口の蓋を、焼肉の鉄板代わりに使って大騒ぎでしたが、今回は石山(青大将)がホテルでラーメンを食べるのに使った容器が、実は痰ツボだったりします。このあたりは、若大将シリーズのファンにとっての、忘れられない重要な笑いのツボとなります。

また石山がパリで知り合って、彼の後を追って日本に来てしまったという彼女がイーデス・ハンソンだったり、田沼がホテルのステージで歌う時のバックバンドに加瀬邦彦がさりげなく映っていたりと、まあ、いつもながらストーリーはともかく見処は随所にあるようです。

Photo_2 Photo_3

という訳で(笑)今夜の放送は【レッツゴー!若大将】となるんですが、ちょっと今晩急用があって、テレビに間に合うかどうかが不安です。
やっぱビデオに入れておこうかなあ・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

ハワイの若大将

Photo 夕べは【ハワイの若大将】の放送でした。
第一作目の【大学の若大将】、二作目の【銀座の若大将】、三作目の【日本一の若大将】に続き、第四作目となるこの作品は、初の海外ロケものとなります。
昔のワイキキの景色もさることながら、やっぱり青大将の存在が実にいいです。楽しませてもらいました。
Photo_2 Photo_3

相も変らぬ展開ではありますが、このあたりから完全にシリーズ物化路線が決定的になっていったように思えます。

で、今晩のBSは【アルプスの若大将】の放送です。ちょっと毎晩となるとお疲れも出てくるのですが(笑)僕の性分として生放送で観ないとっていうのがありまして。
今までにBSだとかWOWOWだとかで、録画している映画が100本くらいはあろうかと思うのですがPhoto_4 、これが観ないんですよね。一旦録画してしまうと『まあ、いつでも観られるから』っていう余裕?みたいなのが出てしまって、結局観ないままになってしまうんです。
だから、今観ないともう観れないぞ!っていう気持で生放送を観ようかと思う訳で・・・・・今夜はサッカーなんかの放送もあるようですが、若大将の方をと。

今日は、お休みということで、ちょっとゴソゴソしてみました。
加山雄三のレコード等を引っ張り出してみたのです。でも、意外や意外、枚数的にはたくさんあったのですが、レコードはあってもジャケットが案外ないんですねえ、これが。
勉強部屋の壁とかに貼ったりなんかしてたのかも知れませんが、ちょっと悔しかったりします(笑)
その中でも、ちょっとレアな?ジャケットの写真を貼っておきますね。加山は勿論なんですが、黒沢年男も昔はカッコ良かったですよねえ。ご存知?

Pict0001 Pict0003 
Pict0005

※写真は

クリックしていただくと拡大されます。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年8月21日 (火)

大学の若大将

夕べ、NHKのBSで【大学の若大将】を観ました。
1961年、加山雄三25歳当時の作品。全17本となる若大将シリーズの第一作目という訳なんですが、いやあやっぱいいですね!
どう考えても、ただのブルジョアのボンボンの青春活劇ってところなんでしょうけど、このシリーズで感化された部分が非常に大きい僕にとってはバイブルみたいなもんでしてね。
Photo
この映画を僕が初めて観たのは、小学校の高学年になってから。
夏休みに、母の里である福知山に遊びに行った時、周りに遊び相手もいなくて暇をもてあます僕を、親戚の者が見かねて、近所の中学生のグループに声をかけてくれてね。『ちょっとこの子一緒に遊んであげて』って。
それが女子ばかり5人位のグループだったんですが、一人とても優しく接してくれたお姉さんがいてね。もうドキドキもんですよ(笑)
そんな中『明日は映画観に行こうね』って、誘われて行ったのがこの映画だったという訳で。当時の僕は勿論、加山雄三がなんたるか、若大将がどうしたのかも知る由もなく、ただただお姉さんについて行って、彼女の横に座り、そして漠然とスクリーンを眺めていただけで・・・・。

Photo_2 映画のストーリーなんてどうでもいいんです。とにもかくにも加山演じる田沼雄一があまりにもカッコ良くてね。男前だし、頭良さそうだし、スポーツできるし、無茶苦茶モテるし・・・・・。
そんなことにもまして、僕の心に強く残ったのは他でもない。僕の横で、お姉さんが田沼の一挙一動に声を発したり、笑ったり、そして、ため息をついてみたり・・・・・・・甘く切なかったですねえ・・・・・・いつまでも僕の耳奥に残ったものです。

Photo_3 ひと夏の、ちょっとした恋心みたいな想い出と共に、僕の心に強く残ったもの、それは『男たるものカッコよくあらねばならない』みたいな、漠然と胸に湧き上がるテーマみたいなね(笑)
勉強もせねば、スポーツも頑張らねば、ギターもやってみよう、素敵な恋もしてみたいぞ~~~・・・・・・なんてね。

当時、高度成長期にあって、大学への進学率は年々伸びていった事は事実としても、僕のように【若大将】シリーズに感化されて、脳天気にも単純に大学進学を目指したおバカも何人かいるような気がします。『よし、ひと暴れすっか』みたいなね(笑)

この映画には懐かしい俳優が沢山出てきます。
有島一郎、飯田蝶子は勿論のこと、左ト全、藤原鎌足、菅井きん、団玲子、上原謙などなど・・・・・。勿論青大将(田中邦衛)に澄子さん(星由里子)はいうまでもなく。
景色といい、人情といい、車といい、ファッションといい、どれもこれもが僕をタイムスリップに誘ってくれるような印象です。

Photo_5 2月に急逝してしまった松本君は、僕以上にこの若大将ファンでもありました。ファッションからヘアスタイルから遊び方まで・・・・スキーのインストラクターの資格まで取っていました。『ちょっと来る大学はちゃうかったけどな(笑)』って言いながらヨット部に入り・・・・何から何まで若大将に心酔していました。
彼の取り巻きには、青大将みたいな存在の友人もいて、この映画を観ていると、まるで、その映画のシーンに僕も同席しているかのような錯覚さえ覚えます。

つけ加えて、松本の奥さんの名前はすみこさんです。名前を聞いてすぐにこの人だって直感したそうです。

若大将シリーズには、僕の若き日の憧れと同時に、あの頃の松本との記憶。それが一体となって胸を揺さぶるものがあるのです。
今夜の放送は【ハワイの大将】です。早めに風呂に入ってテレビにかじりつきたく思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

もうそろそろ・・・・

Photo 昨日は夕方より雷雨があって、そうたくさんの降水があった訳ではないものの、夜になると家の中よりも外の方がひんやりとして気持良かったりしましたが・・・・・今日になってみると幾分、厳しさは和らいだものの、やっぱり『暑いっ』に変りはなくて。でももうそろそろ、この暑さも終息しそうな気配ではあります。みなさん今しばらくの辛抱ですぞ(笑)

お盆も、お祭も、施餓鬼も終わって、三人の息子達もそれぞれの居住地に戻り、我が家は元の静けさに包まれております(笑)Photo_2

昨日の夕方の雷雨があった時に、エリーを事務所に避難?させていたのですが、昨日まで家にいてくれた三男がお茶目なエリーを演出?してくれました(笑)面白いので写真を貼っておきます。
エリーにしてみれば迷惑この上ないんでしょうが、この眼鏡は良くお似合いですね!

Photo_3 今日、ちょっと用事があって、某ホームセンターの某○ー○ンに行ってきたのですが、『賞味期限があと少しなので・・・・』みたいな張り紙があって、このジャーキーがなんと274円で売ってありました。
期限を見ると【2007.10】となっており、これはまだまだイケると思い、二袋買って来ました。
安いですよね、これ。犬を飼っておられる人なら分かると思うのですが、まさにお買い得ではないでしょうか?
まあ、家に帰ってよくよく見ると【中国製】ではあったのですが、ここらがちょっとね(笑)どうなんでしょうかね?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

記録的な・・・

暑いじゃないですか~
記録的なんでしょうね、この暑さは。
沖縄よりも北海道の方が暑いって時期もありましたね。
皆さんにはお変わりございませんでしょうか?

ちなみに、暑さついでに、これまでの世界記録は1921年7月8日にバスラ(イラク)で観測された58,8℃ですって!いやあ~もうこれは地獄だったでしょうね。血液が沸騰しそうな温度です。石油よりも水の方が高価なお国で、どうやって対策をたてたのか知りたいところではあります。
これもおまけ。世界最寒記録は1983年南極のヴォストーク基地(ロシア)での-89,2℃。日本では1931年の北海道美深町での-41,5℃だそうで・・・・・
でも、こんなに暑いとちょっとそういう極寒に惹かれたりもしません?(笑)

丹波地方の夏の風物詩『デカンショ祭』も15、16日の二日間、無事に終わりました。当方は初盆やら施餓鬼(せがき・・・・わかめさんところはないようです 笑)やらで祭りに参加することはできませんでしたが、『氷が飛ぶように売れた』とテキ屋さんから聞いています。
まあ、家から会場まではほんのすぐ近くなので、花火だけは自宅から鑑賞しましたけどもね。もともとが盆踊りでして、花火大会ではないもので、たいした花火ではない上に素人のデジカメですので、皆目バカボンみたいな写真ですが、一応写したということで一枚貼っておきます。

Pict0061

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

かなり暑い・・・

けっこう厳しい暑さですね。何か、今年は『冷夏』とかなんとか言っていたような、ないような。

昨日、店の前に蝉が落ちて死んでいたのですが、嫁が『ああ、可哀相に・・・・』と言いながら、おもむろに拾い上げて、水をかけたり、洗面器に浮かべてみたり・・・・・???笑
「何してんねん?」と突っ込むと『ひょっとして喉が渇いて死ぬ寸前なんかも知らんから・・・』って・・・・・・・・・・・・・・・★
「アホっ!干し椎茸やあるまいに復活する訳ないやろっ」
『せやかて、ひょっとして』
「あかんって、どう見ても死んどるちゅうねん」
『やってみな分らんやんっ』とまあ、暇な話題には事欠かない日常で。

◇ニュース見てて、ちょっと気になるっていうと、最近、海の事故は勿論なんですが、川での事故死が案外多いように思います。僕の子供の頃には、高学年になるまで学校にプールというものがなかったもので、毎日川に泳ぎに行ったものですが、日によっては普段より水かさが増して、流れもきつくなっていたり、水の流れの場所によって水温がとても冷たく感じたりと、その日その日でコンディションが違うんですよね(経験者は語る・・・笑)。小さなお子さんをお持ちの方は呉々も目を離さないようになさっていただきたく。

◇先日、ど~でも良かったのですがK-1香港大会をビデオに入れていたのが、再生しているとテープがビロ~~~ンってね★
ま、よくあることなんだけど、未だにビデオテープなんて使っているのは僕だけなんでしょうか?皆さんはもうDVDやらHDD録画ですか?もうBSデジタル放送見ているんですか?大型の液晶テレビやプラズマなんですか?(笑)参考まで。

◇エリー。やっぱちょっと昼間はだら~~んとしています。Pict0007
でも、夜になるとやや元気を取り戻し、食欲も旺盛なようです。
老犬だけに、こちらもなるべく様子をみるように、用心しております。
縁の下なんかで寝ていますから、顔がすすけたような感じですが、三男が先日撮ってくれた写真を貼っておきます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

夏が本格化してきました。

暑いじゃないですか。まだまだ序の口なんでしょうが、年々我慢の限界点が下がってきているんでしょうね、バテるのも早いです。

子供の頃は夏休みというと必ず、隣町の春日町というところの父の里に、長期滞在させてもらっておりました。着替えはもちろん勉強道具も全部持ち込んで、2週間も3週間も居座っていました。他のいとこ達も皆揃って、それはそれは楽しい夏休みだったですよ。
まさに吉田拓郎の『夏休み』の世界でした。麦わら帽子、田んぼのカエル、ひまわり、夕立、セミの声でしたね・・・・・
でも夏休みというのは、必ずやらねばならない宿題があって、日記だとか、写生だとか、読書感想文だとか、自由研究だとか・・・・・おまけに、ラジオ体操に水泳・・・・それが苦痛でしたね。思いっ切り遊びたいことが一杯あって、そして山ほどしなくてはならない宿題もあって。あれもしたい、これもしたい、でもあれをしなければ、これもしなければ・・・・・・の夏でした。

Photo 中学になっても高校になっても大学生になっても、その子供の時の『・・・・・しなければ』のイメージが強く残っていたんでしょうかね、夏になると『何かしなければ』というようなプレッシャーにも似た想いのようなものがありまして、ただじゃ終わらせてはなるまい!みたいな『夏のプレッシャー』とでも言うのでしょうかね、自分の中から湧き出るようなものではなくて、まるで外圧のようなものの存在が、いつもあったような気がしてなりません。

結婚して子供ができても、この時期になると『何かしなければ』みたいな意識がありまして、必ず夏休みの間には家族旅行なんかもやってきました。これも外圧?(笑)

えっ!?今年の夏の予定ですか?(笑)Σ(・ε・;)
いやあ、もう子供達も大人になってますし、おっさんが海で泳ぐのも危険ですし、第一暑いだけだし・・・・・まあ無事に、この暑さを乗り切るということに専念したく・・・・(笑)

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »