« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月29日 (木)

テレビの報道って・・・・

皆さんもきっと注目されていたかも知れませんが、香川で起きた、おばあちゃんと孫さんの三人が失踪した事件。ようやく犯人も逮捕されて、まずはひと段落といったところのようですが、まだ、共犯者の有無であるとか、証言の曖昧さも手伝って今現在では半落ちの状態のようですが。

先ずもって、この事件の残虐な手口、襲われた三人は恐らく生存していないであろう現場の状況等、刻々とこの事件の捜査の進展状況が毎日のように報道されてきた。まさに「小説よりも奇なり」的な謎の多い事件として、殆どの人がこの事件の行く末に注目したであろうことは言うまでもなく。
さらに、毎日のように画面に露出する山下某氏の強烈なキャラクターも手伝って、ちょっとした会合などでも一番に話題に上がる始末。どこもかしこも、国民総出で犯人探しへ?

一番よく耳にしたのは『あの親父が一番怪しい』と言う意見だったが、実のところ、僕もテレビの報道を見る限りでは、そのように感じてしまっていたのだった。彼が被害者の立場にある親族であるにもかかわらず・・・・・。
今となっては、偏見というものの恐ろしさを感じずにはいられないのだが、思い起こすに、かつての林真○美容疑者や畠山○香容疑者など、連日マスコミが追い掛け回した事件も少なくない。松本サリン事件の被害者であった河野さんにしても、『一番怪しい』とされた人物だった。無論この人も、今回の事件で、注目された人物とは全く違った意味合いにおいて、独特な個性のある人だったには違いないが。

例えば役所の不祥事であるとか、国会のヒトと金の動きなどといったような、我々の納める税金に拘るような問題や疑問については『知る権利』という、誰が言い始めたかは分らないが、もっともらしい大義名分的な強引さでもって迫っていくことは無論正当な行為であるとしても。が、テレビのレポーターみたいなのが、疑惑の人物に駆け寄って『今から何処へ行かれるんですか?』だとか『国民の皆さんに何か一言お願いします?』とか、何かいかにも国民を代表するかのような正義心も露な迫り方も虚しい限りではあるけれど、そういった、少しでも真実っぽい情報を茶の間に流したい姿勢?或いは、局の上司に尻を叩かれたレポーターとしての責務がなす業であろうかとは思うのだが。そういったマイクを向ける、取り囲むといったような行為が『知る権利』というものを振りかざして、あらゆる事件においても突っ込んで報道することが常套である、もしくは当然であるといったようなはき違えを起こしているのではないだろうか?
最近では事あるごとに『それは個人情報ですので・・・・』という強烈なガードが存在する。その反面、今回の事件で亡くなった女性に関しては、住まいしていた自宅から、洗濯の干し物から人間関係から会社関係から借金から山下氏の連れ子だかなんだかんだとまで・・・・
ここには個人情報などというものはノーガードに等しいのだ。本来なら亡くなった三人に冥福を祈らねばならないところが、それ以上のものを我々は知るべきなのかどうかといった虚しさのような恐ろしさのようなものが残るのだ。・・・・・とはいえ犯人探しに引き込まれた自分の姿もあるので、いよいよ複雑な心境ではあるけれど・・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

飛びついて写真を・・・

Photo 何年か前に、カニだったか明太子だったかを注文して以来、年に何回か北海道の某水産会社からチラシが送られて来ます。
いかにも北海道って内容のチラシの中に、ちょっと発見があったので、飛びついて写真をUPしたものの・・・・・

昔『お口の恋人』っていうフレーズはよく聞いたもんですが、『私の恋人』と、きましたか(笑)
『青』でもなく『赤』でもなく『私の・・・』で、きたところが妙にいいですよね。是非とも食べてみたいと思うのは僕だけか?

先日『白い恋人が』約三ヶ月ぶりに販売されて、大好評だったとか聞くにつけ、『赤福』にしても販売の暁には、やっぱり飛ぶように売れるんだろうなあと思う次第。
偽装が発覚した時は「ほんま、ええ加減にせえよ!」と一言は突っ込んでみるものの、「まあ、これからは真面目にやりや」てな寛容とも鈍感とも言える態度で、また口にしてしまうんでしょうね。

余談になるんですが、偽装と言えば他にも『比内鶏』なんてのもありましたが、去年某鍋物屋さんで、京都の美山地鶏の鍋を食べたんです。
本来地鶏というものは、地面を歩いたり走ったりしている鶏なのですから、筋肉が締まっていて、ブロイラーほどは柔らかくない筈でね。なのに、TVなんかでは訳の分らないレポーターが『柔らかくて美味しいですねえ・・・・』なんて言っているのを見るにつけ『???』だったのですが。
さて、その地鶏。確かに硬かった。無茶苦茶硬かった!僕の前に座っていた呉服屋の奥様なんか、最初、鶏を口にしてからは10分程、他の物を何も口にしないもんだから『野菜もおいしいですよ』と声を掛けたのですが・・・・・
何と『いつまでたっても噛み切れないから・・・・・』ってもぐもぐするばかり(笑)
噛み切れないから、飲み込むことも出来ない状態で。僕は噛めないと分るとグイっと飲み込んでしまいましたけどね!
仲居さんに『硬いねえ』と皮肉っぽく言ってみたのですが『そうでしょ、美山の地鶏は硬いんですぅ』って、つれない返事で。
後日、友人にこの事を話すと、笑いながら『地鶏は地鶏でも、そら廃鶏の地鶏やでっ!』ってね。『っていう事は看板に偽りはないと言えばないってことやんね?』てな不毛な会話。
全くもって、人生毎日がお勉強なんだね(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

第十三回【おさむ版青春の歌】

寒くなってきましたね。
世の中もほんとお寒い話ばかりで・・・・・余計にね。

突然ですが(笑)
実に久々に【おさむ版青春のうた】をUPします。
もうそろそろ残り在庫が底をついてきておりますので、自分自身としても淋しい限りなのですが、聴いて下さい。

『ガラスの言葉』・・・吉田拓郎
「03_3.wma」をダウンロード

↑クリックしていただくと鳴ります(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

たまたま立ち寄ったのです。

Photo 今日、南丹市の親戚に行って、一緒にドライブに出かけました。
園部から美山に抜ける道中にあった神社なんですがね。【多治神社】ってね。
多分『たじ神社』って読むのでしょうけど、ひょっとして『お~いおさむ』って読むんだったりしたら惜しいから(笑)写真に収めておきました。
あいにくの雨でしたので(写真では分りにくいと思いますが)神社の入り口だけで失礼したという訳です。
Up

それにしても結構な山道を走って来たのですが、紅葉はまだちょっと先のようですねえ。あさってに所要で京都に出向く予定なんですが、うまく紅葉に出会えればいいのですがね。

◆今日もテレビで【赤福】の話をやってましたが、もう冷凍はしませんので、限定的に販売をしていきたい・・・・みたいなお話でね。
もともとあんなに売れている名物なんて他にないんじゃないかと思うくらい、関西圏では何処でも手に入る赤福でしたからね。冷凍にでもして保存していないと生産が間に合わないって思ってましたけどね。お伊勢さんの入り口にある赤福の本店?なんかじゃまさに『飛ぶように売れる』って感じですもんね。もう商品が山積みしてあってね、それでも見る見る売れてなくなっていく。そこへ車が入ってきてどんどん赤福を降ろしていく、それをまた山積みにして・・・・・凄いもんですよ!
でも、聞いた話では、クリスマスケーキのスポンジだって、早目から作って冷凍保存してあるんでしょ。その辺とどう違うのかもちょっとね。
まあ再利用してたってのは論外としてもですけどもね。

◆またまたココログのメンテです。
11月13日(火)20:00~14日(水)10:00までの14時間となっています。
閲覧はできますがコメントは受け付けてくれませんので、よろしくお願いしますね。最近書き込みが減ってきて少し淋しいんだけども・・・・・笑

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

こちら丹波は

こちら丹波地方は、快晴です。全くもっていい陽気です。
昼寝でもしたくなるようなネコ日和(犬も)

Photo 今日もうちの前では、山野草屋さんが出店しております。
黒豆の枝豆の最盛期は済んだとは言え、まだまだ観光客の脚の衰える様子はありません。
町内の人よりも観光の人の方が沢山歩いています。

Photo_2

Up 僕の友人が自宅で取れた柿を売ってみようということで、今朝取れたばかりの柿を並べて帰りました。
『3個100円』です(笑)
あんまり色気がないもんだから、僕がPOPを書いて挟んでおきました。

結構楽しいですよ。もう50個位は売れたかと思いますが明日もこの調子で販売しますので、お近くの方は是非遊びに寄って下さいね(笑)

Photo_3 Photo_4

久々にエリーですが
この陽気でまあ、よく寝ることったら(笑)
こそこそ近づいて、真近でシャッター切るまで気づかないのですから、かなりのツワモノです。
14歳と8ヶ月を越えまして、最近は22時間睡眠を実行中です。起きている2時間はというと、ちょっと用をたしたり、観光客のうろつく裏の景色を眺めてみたり、オヤツの催促をしたりといった感じで、これが日課のようですが・・・・。
でも、あんまりかまってほしくはないようで、相変わらずのマイペースで元気に暮らしておりますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

『え~っとですねえ・・・・』

『え~っとですねえ・・・・半年ほど前から事務所の横の部屋のテレビが映らなくなって、まあ、あんまり使ってないからええかあみたいなね・・・・で、放っておいたんやけど、4,5日前から僕の部屋のテレビが映らなくなってね、完全にね・・・・嫁さんのとこは映るんですけどね。けど前よりはちょっと映りは良くないみたいでね、前に工事してくれた電気屋さんがどう配線したのか、どのアンテナがどのテレビに繋がっているのか皆目わからないんでね、店のテレビも映るんやけどちょっと電波が悪くなったみたいでね・・・・昨日ちょっと部屋から覗いてみたらコケてるみたいな感じでね・・・・』

てな、要領を得ない電話を近所の電気店にしてしまったのですが。『・・・・分りましたぁ!?・・・また一度お伺いして見せてもらいますわぁ』みたいなね。
この町に帰って来て、長い間懇意にしてきた電気屋さんが何年か前に亡くなってね、、とても物が言いやすかったのですけどね、テレビに限らず『なんぼにしてくれるんや?』だとか『クーラー動かしてくれ』だとか『これ持って帰ってくれ』だとかね(笑)
今回電話した電気屋さんもよく知っている人なんですが、まだあまり物を買ったことがなくてね、ちょっと遠慮もあるじゃないですか(笑)

そんな訳で、屋根に上がってもらったのですが『アンテナが三本あって、全部コケてますねえ(笑)』てなことで、おとついの日曜日に工事してもらいました。
Photo
どうせ立てるなら、古くなって錆びたようなのは捨てて、アンテナだけでも新しい放送にも対応してるのにしといてなってことで、新しいアンテナが二個ついております。
ちょっとうちの家は複雑な?造りになっており、自分の住んでいる部屋の屋根が自分では見えないってな構造でして。結果三本のアンテナにテレビが4台繋がっており、一本は再利用できたようですが、その一本も全然自分では見えないのですけどね(笑)

とまあ、どうでも良い話なんですがね。
テレビなんて見えなくたって何の不便もないや。ゆっくり読書したり、早めに寝たりできるから却って都合がいいくらいだ!なあんて自負してたんですがね。でもアンテナがついた途端に、新聞のテレビ欄をしげしげ見てる僕だったりします(笑)
しかし、世間では、やれ、BSデジタルだ、地デジだ、ワンセグだフルセグだという時代に、アナログの地上波さえ映らないというのも、正直、何とも妙な心境だったですよ実際(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

丹波市青垣町の・・・・

青垣町にある県の施設で、お仕事をいただいたもので、最近はここ何回か青垣という町に出入りしています。
今日はお店が休みということで、その青垣まで配達に行った帰りに、道の駅でソバなどを食べてから、紅葉の名所として名高い高源寺というお寺に寄って来ました。

いやあまだまだですねぇ、紅葉は・・・・・。
写真だけは撮ってきましたから、貼っておきますが、この境内の木の殆どがモミジのようですので、紅葉の最盛期には、それはそれは一面が真っ赤に染まることでしょうね。
10年前位にも一回来たのですが、その時もまだ早かったので、ここの実際の満開?は見たことがないのです。まあ、このあたり一帯はエンデママさんの縄張りのようなものだから、あんまり荒らしたくは?ないのですがね(笑)

高源寺を出たあともうひとつ、ぼけ封じのご利益のあるというお寺で『ぼけませんようにっ』と拝んで来ました・・・・・う~~~ん・・・・・寺の名前が思い出せないぞっ・・・・・笑・・・・・う~~~ん、ぼけ封じが効いてないやんっ!

Photo_11 Pict0001 Pict0002 Pict0003 Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_7 Photo_8 Photo_9

Photo_12

※写真はクリックしていただくと拡大されます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »