« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

taspo(タスポ)の2

まあ、別に急に張り切った訳でもないのですがね。ポヨヨ~ンがきっかけになって?ちょっと練習をしてみたのです。タバコ。smoking
やっぱり旨いもんじゃなかったけれど、タバコを箱からポンと出して、口に咥え、マッチをシュッと擦って火をつける。ちょっと煙たそうに顔をしかめながら、二本の指でタバコを挟み、親指をピンと立てて・・・・・みたいな・・・・・その一連の動作が何となく大人って感じでねwink鏡に映したりしながら吸い方まで練習しましたよ(笑)

僕の周りは皆な、愛煙家というほどではないにしろ、Hも、K平も、Yにしろ、Nにしろ、皆吸ってましたねえ。
松本も当時は吸ってました。急にピタっと止めたのですがね。
烏丸車庫近辺の喫茶で、松本と二人でお茶しに行ってね。普通、ある程度灰皿がタバコで一杯になれば灰皿を取替えにくるもんなんだけど、いつまでたっても取替えに来ないから、二人で『じゃ、いっそのこと山になるまで吸ってやろう』って、まるでピラミッドみたいに吸殻を積み上げて帰って来たことがありました。danger消しては積み、次のタバコに火をつけては吸い、消しては積み・・・・・・笑・・・・・結構、くだらない事に面白味みたいなのを感じてましたねえ・・・・・喫茶を出た後、二人共酷くえづいたのを覚えています(笑)

わかめさんも吸ってましたねえ。僕と同じ貧乏学生のくせに洋モクなんか吸ってましたねえ。紅茶はトワイニングしか飲まないし、ポロシャツもブランドもんのワンポイントしか着てなかったですねえ・・・・・ちょっとしたワルですよ(笑)高校の時はライフル乱射してましたし(部活やっちゅうねんねcoldsweats01)笑

学校で吸っていると、R高校上がりの遊び人のKが『お前、チェリーなんてだっさいタバコ吸うなよ』てね(笑)・・・・・彼はアイビールックにパシッと身を固めショートホープをカッコ良く吸うのでした。
以来、僕もしばらく続けていたチェリーを止めて、ショートホープになったりハイライトになったりとねsmoking
僕も全くお役に立たなかったもののアメラグ部に在籍していた時期があって、先輩に『肺活小そうなるからタバコ止めよ』ってよく言われてましたけど、言ってる先輩自身がパカパカ吸うもんだから(笑)
京都での初めての夏を迎える頃にはもう普通のタバコ吸いになってました。

taspoの巻次回に続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

taspo(タスポ)

taspo・・・・正式名『成人識別ICカード』・・・・・think

僕はまだ作ってないですよ。面倒ですもん手続きが。
そうです、僕はタバコ吸いなんですよ。皆様には非常なご迷惑ご心配をおかけしておる訳です。申し訳ございません。でもマナーはきちんと守っておりますし、税収にはかなりの貢献をしておりまして、まあなんとかそこんところよろしくご理解賜りたく・・・・・・wink

高校の時、結構僕の周りで吸ってる奴いましたよ。でも僕は嫌だったし、ただでさえ記憶力の良くない頭に拍車がかかりそうで、吸いたいとも思わなかったですねえ。まあ、ある意味において正統派な少年だった訳で(笑)
中学の時に一度だけ、じいちゃんの枕元にあったタバコに目が行って、「なあ、じいちゃん。タバコっておいしいん?」と聞くと『まあ、いっぺん吸うってみたら分るやろ』ってね(笑)
smoking勢いに任せて思いっきり吸ったものだから・・・・・いやあ、うまいなんてもんじゃない。死ぬかと思ったくらい不快。
そんな経緯もあったしね。絶対吸わないってね。正統派で行くってね(笑)

ところが、京都に進学してね。一軒屋の下宿にわかめさんとH君との三人で、暮らすようになったばかりの春の事。僕らのすぐ隣の下宿が女性ばっかりの下宿でねlovely特に、僕の二階の部屋と向かい合わせの二階にいた女性が妙に大人っぽくってね、実際、一学年上の人だったのですがね。まあ、向かい合わせとは言ってもまあ10m位の距離はあったのですが。
そんなある日、三人で僕の部屋でくだらない話をしている時に、僕が提案をしたんですflair「手紙書いて紙飛行機にして隣に飛ばさん?」『何やそれ?』「まあ、僕らはまだ京都を全然知らないから、いいところがあったら教えてもらえませんか?とか」『お茶しませんか?みたいな』「そうそう!三人で色々書いたら誰が書いたかも分らんのやし恥にもならんで!」・・・・・てなおバカな話が即決でまとまってねscissors
みんなそれぞれ二、三枚に色々書いて飛行機にしましたよ、アホですよairplane

で、それを僕の部屋の窓から飛ばしたんですねぇ(笑)
わかめさん渾身の製作の飛行機が庭の木の枝に引っかかったり、『僕らとお茶しませんか?』って書いた飛行機がUターンして大家さんのおばあちゃんの家の玄関に着陸したりするハプニングにもめげず、作った飛行機をすべて投げ込んだのでした・・・・・。多分二つ位は彼女のベランダに着陸したような記憶が・・・・・。

それから一週間位経ったでしょうか、僕が学校から帰って来てその下宿の横を通った時、べランダにいた彼女からお声が掛かったのでしたsmile
『手紙見たわよ。おかしいねえあなた達って』「読んでくれたんですね!(笑)」ってことでね。めでたくその人とお茶をする事が現実になったのでしたhappy01
『じゃ、今から着替えるから10分したら下宿の前でね』みたいな・・・・・・・。

ほんと漫画みたいなお話なんですが、まあやってみるもんですねえ(笑)今ならケータイ、昔は紙飛行機ですよ(ちゃうちゃうdanger
二人で色々話しながらルンルン気分で喫茶に行きましたよ。
席についてコーヒーを頼むと、彼女が『ね、このお店いい感じでしょ』って。僕にしてみれば喫茶店なんてあんまり入ったこともなかったから、いいのか悪いのかも分からずでね(汗)
で、彼女が言うのです『タバコ吸ってもいい?』「はっ!ど~ぞど~ぞ」『あなたは吸わないの?』「僕は吸わないです」『あら、案外真面目ね』・・・・・・・

そんなこんなで2時間近く話してたような記憶がありますが、慣れた手つきで粋にタバコを吸う彼女の姿に釘づけになって、しかも消したタバコのフィルターに付いたピンクの口紅の、何とも艶かしいこと・・・・・・eyesweat01・・・・・大人の色香???

・・・・・・・そしておまけに、それから喫茶を出た時に彼女がいきなり『腕組んでもいい?』ってcoldsweats01
「はっ!・・・・」と返事をする間もなく彼女はギュ~っと僕の腕を抱きかかえるように組んでくる。何か僕の腕につかえるじゃないですかポヨヨ~ンって(笑)heart02・・・・・あっ、申し訳ありません、当時を思い出して年甲斐もなくややうきうきどきどきしております(笑)・・・・・もう舞い上がってしまった僕の上着のポケットにタバコを入れながら彼女が言うのです。『タバコあげるからちょっと練習してみて。ねっ、タバコくらい吸っちゃいなさいよ。格好いいと思うよ!』

てな次第で・・・・・

下宿に帰って上着のポケットを見ると、彼女が吸った残りが10本くらい入ったチェリーでした。
おバカな僕はその夜から、必死こいてタバコの練習を始めたという顛末でしてねsmoking

長くなってしまいました。taspoの巻、次回に続きますapple

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

弟ができた!

前にも書きましたけど、僕の孫じゃないですよ!(笑)

正宗くんに弟が誕生したのですhappy01

Caaapjrc_3 早速お祝いに行ってきました。
いいですね!赤ちゃん見てると和んできますもんconfident
世の中の憂さみたいなものがパッと飛んでいきます。

正宗くんの弟だから、名刀か戦国武将シリーズみたいな名前がつくのかなと内心期待?してたんですが(笑)・・・・・・
『礼治』くんということで、またこれからもここに登場するかもしれませんが、よろしくお願いしますねchick

うまく写真が撮れてなくてママ宗さんには申し訳ないのですが、穏やかでとても可愛い次男さんの誕生ということで、正宗兄ぃも今はやんちゃな盛りながら、少しずつはいい兄貴さんになっていくことと思いますwink正宗も頑張れよっ(笑)

僕にももう孫がいておかしくないもので。
この子たちが大きくなる頃には、今の、無茶苦茶なこの日本も、少しばかりは落ち着きを取り戻しているのだろうかと、ふと、案じたりも・・・・・・。
早く大きくなれよheart04


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

電話があって・・・・

telephone先日、ある電話がかかりました。
『○○さんですね?』「はい、そうです」『・・・・私、京都の○○です・・・・・』
聞き覚えのある女性の声。そしてすぐに名乗られたものだから・・・・・・。

京都在住時の僕は、学校を卒業した後、所謂、丁稚奉公のような形で、商売の勉強をするために知り合いの紹介で、二条城近くにある生地問屋に勤めたのだったが・・・・・。
いや、それはそれは実社会の、とてもいい勉強になったのですがね。営業にも出ましたし、工場やアトリエで絵も描かせていただいたし、社長の秘書のような仕事もさせていただいたし、毎日の掃除からアッシー君から・・・・・coldsweats01
毎日がほんといい勉強だったのだけれど、色々とあってね、休みもあんまりなかったし、プライベートでも悩める事の多い若者?でしたしね(笑)
そこで五年位はお世話になるつもりが二年も持たずに辞めてしまったのです。

で、実家に帰りたい旨、連絡をすると『もう辞めてしもたんか。けど、今はややこしいから、もうちょっとそっちで暮らせ』ってね(笑)父が言うのですsweat01
ちょうど僕の実弟が大学受験を控えている勝負どころ真っ最中の時期でね。仕方なく僕は無職で京都に居残る事になったのですが・・・・・。僕が家にいると弟が遊んで勉強しなくなるに決まってるってことでね(笑)
そんな折も折、僕の住んでいた修学院のアパートのすぐ近くにある電器店。以前からそこにはちょくちょく顔を出して、何かを買ったり、喋ったりとかね・・・・・・
そこの親父さんが『なんやったら、うちでアルバイトでもせんか?』ってねflair

二つ返事でOKしましたよ!
10日間で3万円づつ支給。残業含む。保険等一切なし。休みは日曜。(笑)
まあ、多少はオーディオだとかテレビなんかではそこの親父さんより詳しかったかも知れないし、まあ初めての分野とはいえ何とかなるだろうってね(笑)

その当時でも、京都には寺町あたりには大型店のひしめく立派な電器屋街もあったし、ニチイやジャスコなんかの大型店舗の電器コーナーもあったので、10坪程度のいわゆる街の電器屋さんって、結構厳しい環境ではあったけれど、逆にまたそれが僕にとってはいい勉強になったものです。
近所にカタログを配って歩いたり、おばあさんの一人住まいのお家の蛍光灯を取替えに行ったり、コーヒーメーカーを納めた先では早速それで入れたコーヒーをごちそうになったり、『電器屋やったらなんとかしてよ』と言われて、訳の分らぬまま冷蔵庫をいじっていたら『ボ~ン』って爆発したり、ステレオ設置したら鳴らなかったり、『もっといい仕事紹介してあげるから』っていつも気に掛けてくれるおばさんがいたり・・・・・・coldsweats01
失敗も多かったけど、ほんと今から思えば楽しい毎日でしたよ!
結局そこも4カ月ほどで辞めさせてもらって実家に帰ったという訳なんですが。
今から30年前のお話です・・・・。

以後、今日まで何度かそこのお店の近くまで行きながら、『寄ってみようかな?』とは思いつつも『土産も持たずに寄りにくいなあ』とか『友人が一緒なんだから次回にしよう』だとか、とうとう今日まで寄れず終いで。
勿論、毎年の年賀状程度のご挨拶はしていたのですがね。向こうからもいただいてましたしね。

電話の主はその電器屋さんの奥さんからでした。
『○○さんはお変わりありませんか?』「はい、お陰様で何とか・・・・ご主人はお元気ですか」『元気してますよ』・・・・・

少しばかり昔話をしました。毎日仕事が終わったら、店の奥の座敷に上がらせてもらってお茶をしながら、今日一日の出来事などを、いつも奥さんに面白可笑しく話していたのです。『あの頃は○○さんよくしてくれたね、面白かったね』「いえいえ、こちらこそお世話になりましたね」・・・・・子供さんがいなかったから、結構可愛がってもらってね・・・・・ちょっと思い出にふけってたんです・・・・・・

『今月一杯でお店を閉めるんです』・・・・・
『主人が滋賀に家を買ったから、そちらに住もうと思ってるんです』・・・・・・
『何かね、色々思い出してたら○○さんには連絡しないとって思ってね』・・・・・


奥さんの声がさすがにちょっと淋しげで・・・・・

「また滋賀に移られたら連絡下さいね」
「お元気でお暮らし下さい」

「今日まで長い間ご商売ご苦労様でした」と精一杯の言葉をかけると

涙声になって
『やっぱり○○さんやねえ・・・・○○さんにしか言えん言葉やね』
『ありがとう、ほんと電話して良かった、ありがとう』・・・・・・



こちらこそありがとうですよ。
またお会いできればいいですねconfident

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

今日の番号はね・・・・

5月に書いた記事では【13】番だったのですが
今日の銀行の順番待ち札の番号は【99】番でしたbank

その間は、今日まで、あまりイメージのわかないような、ありきたりな?番号だったのでしょうね(笑)


今日の【99】番・・・・・
ちょっと目に留まるじゃないですか(笑)
【100】点に1点足りない・・・・・think
どうせなら100点がいいですもん。

でもまあ、昔っから100点なんてのには、あまり縁が深かった訳でもなくてね。99点上等じゃないかってね(笑)
でも一体何が足りなかったんだろう・・・・・とかね(笑)

まあ、【13】よりは【99】の方がちょっとだけいいかなsign02てな今日の午前のMy話題ですhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

むらさきの風香る丘

『むらさきの風香る丘・・・・人と自然のふれあい、心が癒される西日本最大級のラベンダー園』っていう謳い文句の【ラベンダーパーク多可】が6月15日にオープンということで、早速行って来たのです。

家から1時間15分位かかったでしょうか。いやあそりゃもう大自然の中の素晴らしい山の中でしたよ(笑)wink

が、
肝心のラベンダーが香るほど咲いていないのです。写真を見てお分かりのとおり、なにやら裸の丘みたいなねcoldsweats02
土産売り場の人に聞いてみたのです「いつ頃が満開っていうか見ごろなんですかね?」と。すると『いえ、もうこんな感じなんですよ』「はっsign02」『まだ植え付けして間がないもので、こんな感じですよ』・・・・みたいな。

まっ、今のところ入場料は無料だし、いたし方ないですかね。
他のお客に聞くところでは、前に500円取ってたらしいんだけど『咲いてないのに金取るんか?』ってねクレームがついたとのことでね。そりゃ言う人もあるでしょうねclub
でも、まあほんとに環境抜群なところで、空気がうまかったです。
嫁が売っていたラベンダーを一束買って、おふくろが何故か普通のお徳用っていう線香を買ってましたけどね(笑)

そこには喫茶はあったのですが、食事するところはなかったので、ちゃんと下調べしておいた、近くの【道の駅かみ】って所に向かいました。
が、
何とお休みpig

花目当ては外れるわ、飯目当ても外れるわでね・・・・・shock
でもまあ、いいドライブができたってことで・・・・・。

写真はそのラベンダーパークと、道の駅の真ん前にあったお宮さんのものです。

Cay09lbm Caey7t33 Ca03yaml Cadlnnu4 Cas5em4b Cad5kcwu Ca4smmwp

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »