« 先日 | トップページ | 眠れない夜 »

2010年1月14日 (木)

葬式と神事

12日は、店はお休みだったのですが、隣保で亡くなられた方があって、遠出するわけにもいかず家でごろごろしてました。そして、昼過ぎに近所の人たちと斎場に行ってお葬式に参列してきました。
一人暮らしをされていたおばあさんで95歳という長寿でしたが、ひとりまたひとりと近所の人々が亡くなっていってしまうことには、やはり淋しさを感じずにはいられません。

で、一転して夕方からは公民館で翌日13日にある隣保の神事の準備に・・・・・
『お日待ち講』といって、毎年この13日に行われる行事があって、今年はその当番に当たっていたのです。
Sn370367_2 講とはいっても、今ではただ公民館で天照大神の掛け軸をかけて、海山のお供え物や酒や米やサカキを並べて、お宮の神主に来てもらって祝詞をあげてもらう。そして夜にまた集まって食事をするってだけの儀式的なものなのですが、資料を見るにかなり昔から続いてきた行事なんですよね。
一度は断絶していたこの行事を明治31年より再開したと書いてあります。毎年毎年の参加者の名簿や喪中で参加できなかった人の名前だとか、お金をいくら使っただとか・・・・・今ではこの隣保にはない苗字も多いですし、逆に僕の曾じいちゃんや、じいちゃんの名前や、またその兄の名前も残っていたりと、これも感慨深いものです。

昔は、多分ですが・・・・・今よりももっと神さんの事を丁寧にお祭りもしていただろうし、盆や正月や祭だという行事があるにつけ、年に何回かの酒席を設けていたのでしょう。娯楽の少なかった時代?こういった宴は町内の重要な楽しみな行事だったのではないかと。
僕がこの町に帰ってきて、しばらくの間は、このお日待ち講も2年に一回は旅行をすることになっていて、お伊勢さんや元伊勢や、城崎の温泉やと色々と行かせてもらったものですが、15、6軒あった参加者も、亡くなられたり、高齢になられたりと徐々に参加する人が減ってきて、今年は7軒という過去最小参加?の規模となりました。
ここ10年位は旅行などもなく、夜に公民館で弁当を食べたり(本来は日が明けるまで神さんのそばで番をしていなければならないのだそうですが)近所の料亭で食事をしたりというパターンになっています。今年は柄にもなくフランス料理店ということにしましたが(笑)・・・・神事もワインでという時代ですかね・・・・・

ところで、公民館に来ていただく神主さんといえば、以前はずっと、すぐ近くの神社の神主さんに来てもらっていたのですが、数年前に亡くなられて、しかも跡取りの神主さんはなくて。この神社での神事だとかお祭となると数キロ離れた違う神社から神主さんが出向いて来られるという事になっており、お日待ちにもここ何年かはその神主さんに来てもらっていたのですが、その方も高齢での健康状態により、今はその息子さんがという事に。
で、今年のお日待ちのお願いの電話をした時の話
「呉服町のお日待ち講なんですが、今回も1月の13日の朝に公民館で行いますのでお願いできますか?朝の9時にお願いしたいのですがね」
『えーっと13日といえば水曜日ですねえ・・・・なんとか土日あたりでできませんでしょうか?』
「いやあずっと昔から13日で決まってますので日の変更はちょっと・・・・」
『そうでしょうけどね、私、平日は会社勤めをしてまして、土日なら都合がよいんですが・・・・・』
「まあ来年からそこはまた考えるとしても今年はなんとかなりませんか?」
『・・・・・じゃ、出勤前ならということで、朝の7時からでも構いませんかね?』
「うわっ!朝の7時からですか?・・・・・・」
『なら会社に間に合いますんで』

という訳で朝のまだ暗いうちから公民館に行って最後の準備をしてということでね、いやあ神主さんも様変わりですよね。こんなこと言ったら怒られるけど、坊さんと違って神主さんは時給に換算したら断然少ないですもんね、神社だけではやっていけないのでしょうかね実際・・・・・・confident
まあそんなこんなで仏事と神事が続いたという今日このごろで(笑)

|

« 先日 | トップページ | 眠れない夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりですね
なるほど、神主さんが来ませんか。
しかたありませんね
近頃神主も老齢化で少ないと聞きましたが。
それほどとは思いませんでしたね。
我が家の氏神さんの神主さんも、
昼間は魚屋さんだったですものね
解決策としましては
あなたが神主をやればどうでしょうか。
朝、早くむりに来ていただくよりも
あなたが祝詞をあげれば
即解決です(笑い)
最高の解決策でしょう
坊さんは本山に出向いて
修行しなければなりません
そうしなければ坊さんになれないのですが。
実は神社の神さんは
白いそれなりの衣装を着て
祝詞をあげれば
お神さんは受け取ってくれるのです
ですからだれでもできます。
このことはあまり知られていません

投稿: わかめさん | 2010年1月15日 (金) 23時23分

わかめさんこんばんわdog
めっきり寒くなりましたが、お変わりありませんかね?
私が神主ですかぁ~coldsweats01
まあ坊さんよりも修行は少なくともなれるかもですが・・・・・
ほんと1時間足らずではあるのですが、1万円ですもんね、お土産と。
坊さんなら葬式で、導師だと20万位はいりますもんね。院号にも20万ほどかかるし・・・・pig

わかめさんも今から坊さんやればぁ(笑)

投稿: osamuchan | 2010年1月16日 (土) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先日 | トップページ | 眠れない夜 »