« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月19日 (日)

尖閣

なんかねえ・・・・・・

外国人が上陸してはいけないのは解るにしても

日本人が上陸しても処分が待っているthink

一体何処の領土なんやっ!!!

日本で間違いないとは思うけれどね。

そもそも新聞とかネット見てても、尖閣や竹島なんかに関しては、日本の言い分よりも外国の言い分の方を目にする事が多いeye

だんだん日本人としても自信がなくなってくるのよね。
まあ、長い間放ったらかしにしてた日本も悪いんだけれど・・・・・自民党か(笑)
今の対応も、なんか今いちスッキリしないねえ。

天皇にまで暴言はかれて・・・・・・ほんとにもうっって感じ・・・・・・・私は右よりなんですよ(笑)人に言わせれば・・・・・・
「ええ~っ。俺が右よりって???俺が右に見えるなんて何てあんたは左なんだっpig

笑・・・・・・しかし、なんかむしゃくしゃするなあ・・・・・・annoy

| | コメント (0)

2012年8月10日 (金)

惜しかったね・・・・・

いやぁ、なでしこよく頑張りました。いい試合でしたよsign03
負けたのは悔しいけれど、表彰式の時のあの吹っ切れたような選手の表情を見て、ちょっとは救われた感じもなきにしもあらず・・・・。でもはしゃぎすぎdanger

8月11日付けの大スポにこんな記事が・・・・・
『誤審に泣く』『PK二つ損』の文字が・・・・・・しかも大スポが言っているのではなくて、ドイツの新聞が書いているのだと。
前半26分の宮間のFKの際のハンド???
後半2分のゴール前の熊谷が抱きかかえられて倒されたのにノーホイッスル。
の二件。
確かにねえ、あきらかにPKに値すると思うんですがね。流されてしまいましたねえ・・・・
主審はドイツ人ですからね、それをドイツ紙が批判してるんだから間違いない(笑)
でもなでしこもその場その場ではアピールはしたけれども、しつこく食い下がる事もなく。まあ今回の五輪は誤審が目立つようなんだけれど、潔いというかね、いずれにしろ色んな試合でも誤審はつきものなんだから、いたし方なしといえば・・・・・・・think

でも素晴らしい試合を見せていただきました。早起きして見た甲斐もあろうかと・・・・・。

でも、今日も今からちょっと寝て3時頃に起きる予定ですよ!
日韓戦なんて普段の親善試合でも燃えるのに舞台が舞台ですし、メダルも懸かってますもんね!応援しないわけにはいかない(笑)
なんでも韓国はこの試合に勝ったら徴兵免除とか。・・・・・・う~~~ん・・・・・・
じゃ日本チームが勝ったら何をあげたらいいんだろねconfident
よしっ!
日本が勝ったら、二泊三日で竹島の旅をプレゼントだっship(笑)

明日は女子バレーも日韓戦ですもんね、いやぁこのオリンピックも最後の最期に盛り上がりますことっupwardrightsoccer

| | コメント (0)

2012年8月 6日 (月)

オリンピック見てますか?

good毎日毎日激戦が続きますね!みなさん見てますかね?

good柔道ねえ・・・・・国際的には柔道人口は増えていっているらしい。でも、日本じゃ減っている様子でね。だんだんと金メダル獲るのは厳しくなっていくのではないかと思われます。でも柔道でメダルが減った分、意外な競技でメダルが獲れているからたいしたものです。

goodフェンシング。見ててもルールが全く判らない。抗議したらいちいち審判がビデオ見て調べてくれる?んだね。昔は身体からコードがぶら下がっていたのに、今じゃワイヤレス?でもその代り色んな機器を身体につけている様子で、マスクはキラキラ光ったりするんですね・・・・・ハイテク過ぎやしない???それにしてももっと広い土俵?でやったらどうかな?ワイヤレスなんだし(笑)

goodシンクロナイズドスイミング・・・・・見ない。見てるとこっちまで息が詰まるから(笑)鼻栓して、はちきれんばかりの笑顔も見るのも怖い(笑)

goodマラソン・・・・・・なんかいつもと違う。僕なんか歩いてても躓きそうな路を走っている!でも日本のようにチャラチャラした広告看板がないだけでも景観はいい。さすがトラディショナル。

good水泳。感動モノ。凄いよ!

goodとはいってもやっぱりサッカー。男女とも凄くいい出来。今夜もなでしこ見るぞっ!

goodビートたけしさんか誰かが言ってたと思うんだけど。こんだけ盛り上がっているオリンピックなんだからね。毎回毎回。もういっそのことオリンピックはギリシャに返してあげたらいいんですよ。元々が観光で持ってる国なんだから。財政破綻状態が少しは回復するかもです。あちこちと各国で持ち回りも大変そうだしねwink

| | コメント (4)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »