カテゴリー「映画・テレビ」の5件の記事

2007年8月24日 (金)

レッツゴー!若大将

Photo またまた、懲りもせず観ております。
今回は香港ロケというパターンなのですが、気が付く事は、いつもハワイだのスイスだのに行く時、必ずPAN AMを使用してるんですよね、これが。
しかも、昨日初めて分ったのが、この飛行機のスチュワーデスに酒井和歌子がワンポイントで出演していたんですねえ。Photo_2
実にい初々しいという表現がピッタリでした。今まで知らなかったです。はい。

他にも宝田明、前田美波里、ワイルドワンズなんかの出演もあって、なかなかグーなキャスティングだったように感じます(笑)

Photo_3 Photo_4

いつもながら、石山のトラブルに巻き込まれる田沼だし、どこの街でも、澄ちゃんと偶然出会ってしまう田沼だし、必ずダンスパーティーが開かれるし、澄ちゃんは毎回毎回襲われそうになるしのパターンながらも観てて飽きないのは僕だけか?
ただ、澄ちゃんがいつもよりも、ちょっと能動的?に進化してきた印象。毎日見てると星由里子っていいよね!ほんと。Photo_5 ちょっとファン。

『まだ見ぬ恋人』や『旅人よ』等の名曲も聴けたし、めでたしめでたし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

アルプスの若大将

また観てしまいました。何回も観てきたのですがね、これまで。
タイトルはアルプスなんですが、映画の内容の殆どは苗場が舞台です。大学の若大将では水泳、ハワイの若大将ではヨット、今回は勿論スキーです。
田沼のスキーの実力は元国体代表だけあって大したもので、画面せましと滑りまわります(笑)

Photo 大学の若大将では、便所の汲み取り口の蓋を、焼肉の鉄板代わりに使って大騒ぎでしたが、今回は石山(青大将)がホテルでラーメンを食べるのに使った容器が、実は痰ツボだったりします。このあたりは、若大将シリーズのファンにとっての、忘れられない重要な笑いのツボとなります。

また石山がパリで知り合って、彼の後を追って日本に来てしまったという彼女がイーデス・ハンソンだったり、田沼がホテルのステージで歌う時のバックバンドに加瀬邦彦がさりげなく映っていたりと、まあ、いつもながらストーリーはともかく見処は随所にあるようです。

Photo_2 Photo_3

という訳で(笑)今夜の放送は【レッツゴー!若大将】となるんですが、ちょっと今晩急用があって、テレビに間に合うかどうかが不安です。
やっぱビデオに入れておこうかなあ・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

ハワイの若大将

Photo 夕べは【ハワイの若大将】の放送でした。
第一作目の【大学の若大将】、二作目の【銀座の若大将】、三作目の【日本一の若大将】に続き、第四作目となるこの作品は、初の海外ロケものとなります。
昔のワイキキの景色もさることながら、やっぱり青大将の存在が実にいいです。楽しませてもらいました。
Photo_2 Photo_3

相も変らぬ展開ではありますが、このあたりから完全にシリーズ物化路線が決定的になっていったように思えます。

で、今晩のBSは【アルプスの若大将】の放送です。ちょっと毎晩となるとお疲れも出てくるのですが(笑)僕の性分として生放送で観ないとっていうのがありまして。
今までにBSだとかWOWOWだとかで、録画している映画が100本くらいはあろうかと思うのですがPhoto_4 、これが観ないんですよね。一旦録画してしまうと『まあ、いつでも観られるから』っていう余裕?みたいなのが出てしまって、結局観ないままになってしまうんです。
だから、今観ないともう観れないぞ!っていう気持で生放送を観ようかと思う訳で・・・・・今夜はサッカーなんかの放送もあるようですが、若大将の方をと。

今日は、お休みということで、ちょっとゴソゴソしてみました。
加山雄三のレコード等を引っ張り出してみたのです。でも、意外や意外、枚数的にはたくさんあったのですが、レコードはあってもジャケットが案外ないんですねえ、これが。
勉強部屋の壁とかに貼ったりなんかしてたのかも知れませんが、ちょっと悔しかったりします(笑)
その中でも、ちょっとレアな?ジャケットの写真を貼っておきますね。加山は勿論なんですが、黒沢年男も昔はカッコ良かったですよねえ。ご存知?

Pict0001 Pict0003 
Pict0005

※写真は

クリックしていただくと拡大されます。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年8月21日 (火)

大学の若大将

夕べ、NHKのBSで【大学の若大将】を観ました。
1961年、加山雄三25歳当時の作品。全17本となる若大将シリーズの第一作目という訳なんですが、いやあやっぱいいですね!
どう考えても、ただのブルジョアのボンボンの青春活劇ってところなんでしょうけど、このシリーズで感化された部分が非常に大きい僕にとってはバイブルみたいなもんでしてね。
Photo
この映画を僕が初めて観たのは、小学校の高学年になってから。
夏休みに、母の里である福知山に遊びに行った時、周りに遊び相手もいなくて暇をもてあます僕を、親戚の者が見かねて、近所の中学生のグループに声をかけてくれてね。『ちょっとこの子一緒に遊んであげて』って。
それが女子ばかり5人位のグループだったんですが、一人とても優しく接してくれたお姉さんがいてね。もうドキドキもんですよ(笑)
そんな中『明日は映画観に行こうね』って、誘われて行ったのがこの映画だったという訳で。当時の僕は勿論、加山雄三がなんたるか、若大将がどうしたのかも知る由もなく、ただただお姉さんについて行って、彼女の横に座り、そして漠然とスクリーンを眺めていただけで・・・・。

Photo_2 映画のストーリーなんてどうでもいいんです。とにもかくにも加山演じる田沼雄一があまりにもカッコ良くてね。男前だし、頭良さそうだし、スポーツできるし、無茶苦茶モテるし・・・・・。
そんなことにもまして、僕の心に強く残ったのは他でもない。僕の横で、お姉さんが田沼の一挙一動に声を発したり、笑ったり、そして、ため息をついてみたり・・・・・・・甘く切なかったですねえ・・・・・・いつまでも僕の耳奥に残ったものです。

Photo_3 ひと夏の、ちょっとした恋心みたいな想い出と共に、僕の心に強く残ったもの、それは『男たるものカッコよくあらねばならない』みたいな、漠然と胸に湧き上がるテーマみたいなね(笑)
勉強もせねば、スポーツも頑張らねば、ギターもやってみよう、素敵な恋もしてみたいぞ~~~・・・・・・なんてね。

当時、高度成長期にあって、大学への進学率は年々伸びていった事は事実としても、僕のように【若大将】シリーズに感化されて、脳天気にも単純に大学進学を目指したおバカも何人かいるような気がします。『よし、ひと暴れすっか』みたいなね(笑)

この映画には懐かしい俳優が沢山出てきます。
有島一郎、飯田蝶子は勿論のこと、左ト全、藤原鎌足、菅井きん、団玲子、上原謙などなど・・・・・。勿論青大将(田中邦衛)に澄子さん(星由里子)はいうまでもなく。
景色といい、人情といい、車といい、ファッションといい、どれもこれもが僕をタイムスリップに誘ってくれるような印象です。

Photo_5 2月に急逝してしまった松本君は、僕以上にこの若大将ファンでもありました。ファッションからヘアスタイルから遊び方まで・・・・スキーのインストラクターの資格まで取っていました。『ちょっと来る大学はちゃうかったけどな(笑)』って言いながらヨット部に入り・・・・何から何まで若大将に心酔していました。
彼の取り巻きには、青大将みたいな存在の友人もいて、この映画を観ていると、まるで、その映画のシーンに僕も同席しているかのような錯覚さえ覚えます。

つけ加えて、松本の奥さんの名前はすみこさんです。名前を聞いてすぐにこの人だって直感したそうです。

若大将シリーズには、僕の若き日の憧れと同時に、あの頃の松本との記憶。それが一体となって胸を揺さぶるものがあるのです。
今夜の放送は【ハワイの大将】です。早めに風呂に入ってテレビにかじりつきたく思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

ちょっとね・・・・

熱帯夜。
ふてくされてても仕方ないですしね。おとといの夜なんですが、クーラーをガンガンかけて、アイスほおばりながらね、新聞のテレビ欄見てたらね。
NHKのBS-1に、『地中海歴史紀行』なあ~んてのがあってね。『よしっ!暑さにへこたれてないで今晩は歴史のお勉強だっ!』ってね・・・・・。急に闘志が湧いてきて。

見てたのよね。歴史に秘められたロマン。ロマ~~~ンっ!
何何・・・・ヘロドトスがどのこの、クレタ文明がどのこの、紀元前5000年にミノア人がなんじゃかんじゃ繁栄して付加価値のある文化が、はいはい・・・・・Photo_90 Photo_91 Photo_92 Photo_93 Photo_94

なんかね・・・・ただの美人キャスターだとばかり思ってたんです。番組の案内役のこの女性。あっち歩き、こっち歩き、そっち登り、ここでお座り・・・・・。
他でもない、彼女は歴史学者ベタニー・ヒューズなんだって(゚Д゚; れきしがくしゃ!!
いやあ・・・参りました・・・惹かれるものあり・・・。

製作は英国なんですが、まあ、意図的に彼女をリポーターともキャスターとも、なんかちょっと、仕立て上げているようにも伺える訳なんですが、まあ昔でいうところの『兼高かおる』風の番組とも読める訳でありますが・・・・・

はまってしまったんです。
地中海の美しい風景と彼女の語り・・・・・こりゃ絵になる!美しい!ビューティフル!ワンダフル!オシリフル!この、そう若くはない彼女が、真夜中に間抜け顔してアイスかじってる親父の心を挽きつけて離さないのだった・・・・・

えっ?何?ミノア人?クレタ?ロマ~~~ンっ?
もおどうでもいいのよ、ヒューズさんさえいれば!!!

てな訳で・・・・夕べもチャンネル合わせて・・・・・ロマ~~~~~~ンっ(・∀・)モエッ

| | コメント (6) | トラックバック (0)