カテゴリー「書籍・雑誌」の1件の記事

2006年4月23日 (日)

おせっかいな話かも

05349_3  私のプロフィールにもありますとおり、趣味のひとつに読書というものがあります。・・・・とは言っても、毎晩寝る前に子守唄代わりに、ちらちらとページをめくっているだけのもんなんですが。
好みのジャンルは『少し偏っている』と妻が申しますとおり、我ながら同じような本ばかり読んではいるようなんですが。
やはり読んでいて不快感のあるような物は嫌。あくまでも『うんうん、なるほど』と興味をそそるようなものが一番かと。
あまり英訳のものは読みません。何か英訳が下手くそで、まるで英語の教科書を文法どおりに訳したような、堅苦しいような、すっと状況に入っていけないような英訳が多いのも実情かと。

学生時代にあまり読書をしなかったものだから、いい歳になってから読みまくっているフシもありますが・・・・・

今日は、おせっかいながら、何か気楽に読める一冊がないかなあと思っておられる方がございましたら、是非この本をお薦めしたいという話です。
環境考古学ぅ~?などど深くむずかしく思う必要は全くありません。読んでなるほど!目からウロコの一冊です!
日本人っていいよね。なかなかやるじゃん。これが日本だよね。・・・・と、心地よく読破できること請け合いです!決してむずかしい本ではありません。是非!

丸善ライブラリー  安田喜憲著
【環境考古学のすすめ】 ¥882

| | コメント (15) | トラックバック (0)