カテゴリー「競馬」の10件の記事

2010年5月23日 (日)

第71回優駿牝馬(オークス)

201003050211b 今日は東京競馬場でオークスが行われました。

競馬に興味のない人でも『日本ダービー』という名称はお耳にされたことがあると思うのですが、その牝馬版がオークスなんです。

が、しかし、2400mも走って、全くもってのデッドヒートeyesweat01
G1競争初の一着同着となりました。(どちらも優勝ってこと)

確かに写真を見ても同時ですねえ・・・・・・coldsweats01
まあ、馬券は外れましたが(笑)この2頭共、死力を尽くした名勝負には深く感銘したしだいです。

さあ来週はダービーだどっ(笑)lovely

| | コメント (8)

2009年11月30日 (月)

女傑

200905050810a 昨日は東京競馬場にてジャパンカップ(国際競争G1)が行われました。
米英からの外国馬も参戦してのこの大レース、見事勝利したのは、国民の期待、一番人気の女傑ウオッカでした。

写真はJRAのものを借りて貼っていますが、まあ凄いデッドヒートでした。
2400mを走って僅か2cmの差coldsweats02鋭く追い込んだオウケンブルースリを凌いだのでしたsign02

200905050810b 馬体は手前のオウケンの方が前にあるように見えますが、競馬は馬の鼻先で判定されるのです。
馬って頭を上げ下げして走りますから、その一瞬の差が大きいのです。
何せ、1着賞金は2億5千万円で2着は1億円ですからwobbly実に大きな鼻差ですよねえ・・・・・・weep

このウオッカという牝馬、去年秋の天皇賞も2cmの鼻差で勝っているんですよcoldsweats01
国民の期待、内藤は亀田に敗れたけれど、競馬の方は期待に応えてくれたという訳ですね。

私の馬券は当たらなかったから期待してなかったということかな(笑)pig

| | コメント (4)

2009年6月16日 (火)

結構、僕としては大きなイベント

この時期になるとね、結構、僕としては大きなイベントみたいなのがあるんですよhappy01
競馬なんですがね、『POG』と言って、ペーパー・オーナー・ゲームってものなんです。
一体何やsign02って事なんでしょうけど、競馬ファンには人気のお遊びなんですが、説明し始めると長くなるのですがね。まあ、今週からサラブレッド二歳馬のレースが始まる訳なんですが、それまでに、お気に入りの馬達を探し出し、来年の日本ダービーまでの期間で、そのお気に入りの馬達がどCa6zn3h6 れくらいの賞金を稼ぐかを争うって遊びなんですがねhorse

まず、毎年この時期になると発売される『POG本』を手に入れる。毎年まあ二冊三冊は買っているのですが、今年は発奮してたくさん買ってきたのですがね・・・・・・

Cas8obpv
でまあ、寝るのも惜しんで熟読をするのですが、気に入った馬達に目印をつけてピックアップをする訳です。サイトによっては各個人で20頭持ちで遊ぶだとか15頭で遊ぶだとか、色々とルールがありまして、私も5つ6つ参加させてもらっているんですがね。
毎年7000頭を越すサラブレッドが生産されるのですが、その中から20頭、15頭と自分なりに選んで行く訳です。
結局はまあ皆さんもご存知かもしれませんが、ディ-プインパクトの親戚筋のお馬さんだとか、今年のダービーを勝った馬の兄弟だとかね、POG本にも大きく取り上げられていますし、おのずと人気が集中する訳です。やっぱりみんなの欲しい馬は同じなんですよね・・・・・・ここまでの説明判りましてsign02

Ca7g9f8m 30人くらいで遊んでいるサイトでは、色々とみんなの欲しいお馬さんがかなりの数でダブるんです。これ必然でね。
30人がそれぞれ20頭もの馬をダブらないように指名して取っていくには、プロ野球のドラフト会議と同じ仕組みで、二歳馬のドラフトを開催する訳なんです。勿論私は参加させてもらっている立場なので、自分の欲しい馬の名簿を管理人さんにメールで送るだけなんですが、これをとりまとめてくれる管理人さんは、わざわざ休みまでとって、このドラフトを仕切って下さる管理人さんもいる訳です。coldsweats01
無論30人参加で各それぞれが20頭ずつ獲得するには結果70頭位のリストを作成して管理人さんに送らなければならないのですが、いやぁ、この作業がまた競馬ファンにはたまらなく楽しいものなんですheart04
まだ、走ってもいない、馬名もついてもいない馬から選んでいくのですhappy01

ネット上でサラブレッドの仮の馬主となって、その馬が獲得した賞金の総額を、出会ったこともない人達みんなと争う。
まあ実に夢の中のゲームなんですが、管理人さんは会費も取らないし、ほんとにボランティアみたいなもんでね、頭が下がります。
今年も各サイトのおおよそのドラフトが済んで、後はいつ出てくるか判らない愛馬の登場を待つのみlovelyという今日この頃であります。

ちなみにお世話になっているところの某POGのドラフトの結果を貼っておきます。
みんな上から順に欲しい馬の母親の名前を書いてリストにしています。
同順位の場合はジャンケンで決まります。(ジャンケンのリストも提出するんですよ!)

downこれを見て一喜一憂してるんですよheart02

http://ericho.jp/pog/dora2009.html

| | コメント (11)

2008年4月20日 (日)

今日は皐月賞・・・

競馬っていうと、イコールちょっとギャンブル・・・・みたいな印象が強いのですが、いやあ今時の競馬なんて100円の馬券で楽しめるのですから、ロトを買うくらいの気軽さで楽しめるんですよhorse・・・言い訳?

さて今日は中山競馬場で、第68回皐月賞(G1)が開催されました。実はこちら、今日は市会議員の投票日でもありまして、人間にも馬にも投票せねばならない一日でありました(笑)
馬券は正式名が『勝ち馬投票券』ともいいまして、馬券買うのも投票って訳なんですよdollar

ちょっと朝からソワソワ・・・・・
というのも、先月の末なのですが、うちのお客さんで、私の長男の同級生の子がいるのですが、名前をH君ということで・・・・・・・
そのH君が先月末の日曜日に来て言うに『おっちゃん、今日のマーチステークスはナナヨーヒマワリから総流しやで!scissors』って。
いかにも穴馬っぽい馬名を言うもんだから『ほんまかいな?まっ、参考にしとくわ~』って軽く受け流してたんですが・・・・結果なんと見事そのナナヨーが一着に来てねえ・・・・
単勝2960円(7番人気)・馬連は13240円もついたのですshock
で、先週の桜花賞(G1)です。H君が来て言うに『今日は大外の⑱エフティマイアから総流しやでっ!scissors』って・・・・いくらなんでも18頭立ての15番人気の馬ですもんねえ・・・・・またまた軽く受け流してたんです・・・・・が、何とそのエフティが二着に来て馬連は196630円flairにもなったのです。100円が19万円ちょいになるんですよ!
まあもっとも一着に来た馬も12番人気の穴馬でしたから、⑮⑱⑬という三連単は驚くなかれ7002920円shockという大荒れのレースではありましたが・・・・・・・

てな訳で、今日の皐月賞です。朝からH君が来るのを待っていたのです(笑)僕の友人にもこのH君の情報を心待ちにしているあさましい?おっさんもいましたし(笑)
すると、H君、お昼前に電話をくれたのです。『今日はなあ・・・・・⑥キャプテントウーレやで!scissorsまた儲けてしまうわぁ~、お金が一杯やでっもうhappy01』って・・・・・・『よし!検討させてもらうわっ』って返事はしたものの、テレビを見ると馬体重は-18kg・・・・・7番人気・・・・・・
僕には今回応援したいノットアローンっていう馬が出ていたものだから、余計に感情的に⑥には飛びつけなくて。しかも多分三度目の正直とはよく言うが、飛びついたとたんにこういう情報は無に帰すことが多いと、我が人生を振り返って実感があるもので(笑)・・・・・・押さえにはしたものの軸には買わずで・・・・・

Photo いやあ~
来ましたね~
⑥キャプテントゥーレshock単勝1710円・馬連10260円でした。

ちなみに友人はちょこっとこの情報には乗ったものの当たらず。
でも、うちの嫁さんが細かく3000円ほどプラスにしましたがね(笑)

来週もH君の情報を待ちたいところdangerなんだけど(笑)
今日、投票した人間の方は当たりますように(笑)・・・・・今夜半には確定する予定ですcherryblossom

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

有馬記念

23日(日)中山競馬場では第52回有馬記念が行われました。
中央競馬では年内最後のG1レースで、言うなれば野球のオールスター戦のように、ファン投票で出走馬が選ばれるという名物のドリームレースでもあります。
僕も勿論?参加した訳なのですが・・・・ファン投票の上位馬を尻目に何と、勝ったのは9番人気のマツリダゴッホという馬でした。
勝利騎手の蛯名のコメント『ゴールに入った瞬間“勝っちゃったよ”って感じ。KYいやCKYって言われちゃった』というまさに超KY状態で。『ファン投票上位馬?そんなの関係ねぇ』というまさに一年を締めくくる結果に・・・・。

でもね、全部で16頭出走のレースで、三連単(1.2.3.着を当てる馬券)は800,880円もついたのですよ!16の数字のうち③⑦④と選んで、たった100円買うだけで、80万円の配当ですよあなた(笑)
最近の競馬の馬券の面白さは、まるでロト6だとかミニロトのように遊べる所ですが、しかし、いやぁ参りましたと悔やんでもマツリダゴッホだけに後の祭・・・・という訳でね(笑)

さて、以前にもここで紹介しましたタイガーマスク号も、同日の5Rに出走して、見事に初勝利を飾っています。
Photo
ちょっと見にくいとは思いますがクリックして読んでいただきたく思います。
武豊がお面被って・・・・・ノリノリになっております。
こんなところではしゃいでいるから、肝心の有馬記念で、一番人気の馬に乗って8着なんかになってしまったんだ。きっとそうだ(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

今日はダービーだったのだ!

Photo_95 三歳の最強馬を決める、第74回東京優駿(日本ダービー)が、今日、皇太子、安倍晋三夫妻も姿を見せた東京競馬場の芝2400mに、牡馬17頭、牝馬1頭の計18頭が出走して行われた。

結果、三番人気の、唯一の牝馬ウオッカが優勝し、牝馬としては1943年のクリフジ以来、64年ぶり3頭目という快挙を演じ、一着賞金15000万円を獲得した。

先週同じく東京競馬場で行われたオークス(牝馬だけのダービーにあたるレース)には見向きもせず、堂々と牡馬に勝負を挑んだ末の快挙だった。

鞍上の四位洋文騎手(34)はダービー初勝利、ウオッカの背の上で涙をぬぐう姿が印象的だった。
なお、圧倒的一番人気だったフサイチホウオーは直線伸びず7着に沈んだ。

なお、レース前のパドックの写真は、ジャンクスポーツ等でお馴染みの、フサイチホウオーの馬主である関口房朗氏の軍団と、亀田一家のもの。
今日、競馬場に出没した私の次男から送られてきました(笑)

Photo_96 Photo_97

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

タイガーマスク初戦は

先日ご紹介いたしましたタイガーマスク。
今日、牝馬のダービーであるところのオークスが行われた、東京競馬場の5R、サラ系三歳未勝利戦、芝1600m、18頭立のレースで武豊騎手を鞍上にしてデビューいたしました。

競馬ファンの熱い支持により、単勝2.8倍という一番人気でしたが・・・・・・
結果、健闘むなしく9着に破れてしまいました。

それでも既出走馬に混じっての、この成績はまずまずかと思われますので、次走に期待を持ちたく思います。
次回もまた報告をさせていただきます(笑)

実はこの馬、3億円近くもした高馬らしくて、本当のところは、もうちょっとやれると踏んでいたんですがね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

タイガーマスク登場!

Photo_75 まっ、競馬の話になるのですが、興味のまったくない方でもちょっとお時間をいただきたく(笑)・・・・・・

こと競馬といいますと、イコールギャンブルってな図式になりがちなものですが、案外、それに携わる、生産牧場、調教師、騎手、馬主、ファンと、色々な人間模様でありますとか、ドラマが延々と続いておる訳でして、即ギャンブルという捉え方だけではちょっと説明しがたい何かがあるのです。
例えば、我々のような中小下?企業もあればトヨタやイオンのような超優良大企業もあるように、競走馬の生産牧場においても、そのような格差は如実に現れてきており、言うに及ばず調教師、騎手、馬主においても同じような格差が存在する訳で、まさに我が身をその世界に投影しながら競馬というものを見続けていく。とまあ、理由付けをしてみれば、これが私の競馬というものに対するスタンスでもあるのです。
昔のように相変わらず馬券に大枚をつぎ込む人もいるにはいるのでしょうが、私のように、ロトでも買うような気分で100円づつから参加するようなファンも多いかと思います。競馬はドキドキしながら観るものではなくて、ワクワクしながら観よう!これが私のモットーでありまして・・・・・笑(ただの宝くじファンかもね)

で、本題に入りまして
今日のデイリー紙によりますと『20日の東京競馬場で、大きな期待を背負った一頭のサラブレッドがデビューする。その名はタイガーマスク(牡3歳)。名前の由来となったプロレスアニメと同様、この馬が稼ぎ出した”ファイトマネー”は恵まれない子供達に寄付される。馬主でもある山本英俊氏の意向に、藤沢和雄調教師が賛同して実現する初の試み。注目のデビュー戦は武豊が手綱を取る。』
一般的に競馬のレースの賞金というものは、馬主が80%、調教師が10%、騎手と厩務員に各5%という配分になっており、これにより山本オーナーと藤沢師の取り分である90%を全額寄付しようという試み。それにジョッキーの武豊も賛同する意向なので合計95%になるという訳で。
仮にこの東京競馬場20日の5Rに一着になると、賞金は500万円ですので、475万円が寄付されるという仕組み。一着になれずとも賞金は出ますので、走る度に余程ひどい成績でなければ賞金は稼ぐものと思われます。
それに、一つづつ勝つことにより、より上のクラスのレースに出られる訳で賞金もどんどん上がって行くという仕組みになっていますから、もしかしてG1クラスのレースにでも勝てば億という数字も期待できます。
このタイガーマスクの初戦は未勝利クラスといって、テレビでも実況放送はないので、そこが残念ではありますが、皆さんも名前だけは頭に入れておいて、また応援よろしくお願いしたく思います。

高知競馬のハルウララも評判になって久しいのですが、また違った意味でこのタイガーマスクもしばらくは話題を独占しそうな雰囲気かと思いますよ。頑張れタイガーマスク!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

第73回東京優駿G1

Photo_15 5月28日(日)は東京優駿、すなわち日本ダービーが、府中の東京競馬場で10万人の観衆を集めて開催されました。

何と言っても数あるグレード・ワンのレースの中でも、この日本ダービーだけは、競馬界でも格別なレースで、まさに競馬の祭典と言うにふさわしい歴史と重みを兼ね備えたレースでもあります。

2003年に生産されたサラブレッド約8800頭のうち、このレースに出場できるのはわずか18頭。三歳の春というこの時期にしか出られないために、各馬にとっては、まさに一世一代の晴れ舞台ということになります。
ここに出てくるだけでも、それはそれは大変なことです。関係者の並々ならぬ苦労、もちろん馬自身にも強い精神力とパワー、スピードが求められるのです。

さて、私が去年の7月のデビューから応援し続けてきた、サクラメガワンダーも、8800頭の頂点を目指して、ここに出場してきました!
写真はここにもよく訪問くださる、おきょうさんの手作りの応援用の横断幕です。
彼女とネット上で知り合ったのがきっかけで、私もメガワンダーのとりこになってしまったのですが、おきょうさんの想いは私などの比ではない。
体調が良くないにも拘らず、仕事の合間に時間を見つけて、寝る間も惜しみながら作った特別の横断幕なんですよ。
皆さんも競馬中継を見れば、馬が周回するパドックという所のフェンスに、よく応援の垂れ幕がぶら下げてあるのが見えるでしょ。JRAの許可も取らねばならないし、場所も取り合いになるし・・・・
ともあれ、この力作を紹介させていただきたく、おきょうさんに無断でここにUPしました。

で・・・・
レースは、いつもならどんなレースでも、一番早いタイムで最後の直線を走ってくるメガワンダーだったのですが、あいにくのぬかるんだ馬場の影響もあってか、伸びきれず10着に終わってしまいました。

競馬なんて、しょせんギャンブルなんです。博打なんですよ。
でも、一頭の馬に対する、気持ち、想い、祈り。そんなものが何処かにあるんです。
今年のダービーは格別でしたよ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

またまた・・・・

いつもこういう事件が起きるたびに・・・・
『三菱自動車工業労働組合の口座から約1億9千万を着服・・・・・』

で、そのうちの1億円を競馬に使っていた!?

いつも競馬はこういう場合、槍玉にあげられるんですよね。
競馬=ギャンブル=博打=その結果→家庭崩壊?横領?強盗?・・・・etc.の構図。

まあほんと、私みたいに競馬を愛する(大げさかも)ものにしてみれば、一体どんな買い方をして1億円もの大金を使ってしまうのか不思議でならない。
私みたいに、競馬を馬中心に注目し、馬券はまるでロト6やナンバーズのような感覚でしか買わない者にとっては、やっぱり何度聞いても納得しがたい。
競馬なんて儲かる訳ないじゃないですか(笑)・・・・・。なら買うな(笑)

いやあほんとに。こんな時代に、ペシペシと鞭を入れられて一生懸命に走っているお馬さんを見て、我が身をふり返るような深い心がないことには、競馬ファンはつとまらないのであります。(JRAにはお得意さんとして認めてもらってないかもですが・・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)