カテゴリー「Music Selection 」の9件の記事

2008年9月29日 (月)

セレクションの9

いやあ
ほんと寒いくらいになってきましたねcoldsweats01
こないだまでクーラー入れてたのが、もう灯油の手配しないといけなくなってしまいました。近頃、春にしても、秋にしても、しのぎやすいというか、心地よいと言える時期が少なくなってきたように思いませんか?
ただ単に、暑さ寒さに弱くなってしまっただけかも知れませんけどthink

今日はセレクションの9ということで
先日何気にyou tubeを見ていて、いやあやっぱり懐かしいなあ、やっぱりいいじゃん、と感じたもので、この曲をリンクしますねclover

当時はただ単に、アメリカ人が日本語でフォークを歌ってるだけ?みたいな印象もあったのも事実ですが、この歳になって改めて聴いてみると、綺麗なハモりに感心し、やっぱり当時の思い出のひとコマを想い出さずにはいられないような感じです。

『白い色は恋人の色』・・・・ベッツイ&クリス
http://jp.youtube.com/watch?v=9MNGma6x0lo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

セレクションの8

今日はC.C.R(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)の名曲です。

昭和46年の春。僕は憧れの京都に進学します。
当時の京都は、カレッジフォークのメッカとして、たくさんのグループが名を連ね、いかにも『学生の楽園』風なイメージが、兵庫の山奥にいる僕にも嫌がおうにも伝わって来ていました。
誰だって憧れるじゃないですか・・・・『蛍雪時代』の表紙なんかを見てても、緑のキャンパスの上で、ギターを抱えて歌を歌っているような風景が・・・・ああ、やっぱ京都に行きたいって、余計に思うじゃないですか(笑)
ま、結局のところ僕の行った大学には、緑の芝生なんてお洒落な場所は見当たらなかったのですがねcoldsweats01

京都ということになると、家から通学することはちょっと無理でね・・・・ここにも一人暮らしがしてみたいという僕の希望が見え隠れするのですが・・・・父に連れられて大学の生協で下宿の斡旋を受けに行ったのです。
いやあ、なんていうかね、狭いの汚いの暗いのって所しか残ってなくてね。帷子ノ辻(かたびらのつじ)っていう所に行って見てきたのですが、まあ想像を絶するような下宿でしたねえ。コンクリートの通路を挟んで左右に4畳の小部屋が6~7部屋きっちりと仕切られて並んでいてね。『う~~~~んdespair』でしたけどね僕も父も。
でも、空いていたのが一番奥の部屋でね。いわゆる角部屋で。
『ちょっと明るいね』って少しその気になってきたのですが、通路を抜けてその向こうの空き地というか庭というかゴミ置き場というかね、外からその角部屋を見てみるとeyeなんと男用の便器がその部屋の壁に取り付けてあるじゃないですかshock
父が言うに『この下宿の皆が、治の部屋に向いてションベンするんやなあ・・・・』

・・・・・無言でその下宿を後にしましたよ(笑)父もこんな所に僕を入れたら、僕の体がカビだらけになるって思ったに違いないです。

その日は何処にも決まらず家に帰りました。父が、取引のある京都の問屋さんに探してもらうって言いはじめたのでした。

telephoneそれから一週間ほどして、問屋さんから電話がありました。『ちょうどいいのがありましたわ。まだ下宿はしたことがないていうお家やけど、一軒家の二階を貸してもいいってとこがあってね。風呂も家のを使ってもらったらいいて言うてはりますし、場所も大徳寺でっさかい静かなとこやし、学校のある、わら天神までは市電で10分ほどやしこれは良いと思いますわぁ』ってねhappy01flair
僕は二つ返事でそこに決めたのでした。『じゃ、そこお願いします』。

が・・・・・・・・三日ほど経ってから、父が渋い顔をして僕に言うのです。『もう一軒別のとこ探してもろとるから治もうちょっと待ってくれ』『何でやのん?』『いや、ちょっとあそこは問題があるらしいわ』・・・・・・・・・・・『問題???』

telephoneまたしばらく経って電話が入りました『北大路新町いうて、烏丸通りを北大路に突き当たったとこのちょい西なんやけど、知り合いの糸屋さんが近所に新築しはって、まるまる一軒屋が空きましてん。で、今年から下宿屋を始めたい言うてね・・・・』・・・・
翌日、父と見に行きました。二階の6畳間。床の間もついていました。一軒屋を、下宿する三人で管理してもらったらいいということで、門限もないし(笑)『決まりやねscissors

で、後日談。
前に紹介された下宿。何が問題だったのか・・・・・・sign02
問屋さんが見に行ってくれたらしいのですが、何とそのお家は若い未亡人さんの一人暮らしvirgoだったらしくて・・・・・問屋と父が『ややこしい事になってもかなんしなあ・・・・』と気を回して・・・・・笑
後からそれを聞いて悔しがる事しきりの僕だったのですがね(笑)・・・・・日活ロマンポルノやあるまいしlovelyまさかね、そんなね、でももしかしてね・・・・・(笑)

とても惜しかった?けれど、次の下宿に決まったお陰で、わかめさんとも一緒になれたし、すぐ近所にいたK平とも知り合えたしhappy01めでたしめでたしcoldsweats01
そしてその下宿に決めて、さあこれから京都での生活がはじまるんだ!と、踊るような気持で乗り込んだタクシーの中のラジオから鳴り始めた曲。
それがこの曲でした。
今でもこの曲を聴くと、あの時の記憶が鮮明に甦るのです。

C.C.R【雨を見たかい】
http://jp.youtube.com/watch?v=3S_DFdDTn_s&feature=related

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

セレクションの7

まだ少し、連休の後遺症?が抜けきれていない僕ですが、皆さんはいかがでしょうかねsign02
さて今日はシリーズ化させていただいていますセレクションです。

今回は、アルバート・ハモンドの【カリフォルニアの青い空】を紹介したく思います。
原題は『It Never Rains in Southern California』という、この歌の歌詞にも頻繁に出てくるフレーズなのですが。友人と『南カリフォルニアは雨が降らんのかなぁ?』等と話した事を思い出します。
過去のログにも書かせていただきましたが、バイト先の喫茶じあるだんのジュークボックスでは毎日のように、しかも一時間も経たないうちにこの曲が繰り返し繰り返しかかっていたような記憶があります。
ジュークボックスってご存知でしょうかね(笑)喫茶に来たお客さんが、当時100円を入れると三曲、自分の好きな曲を選べる仕組みで、有線とかじゃなくて生の?レコードがかかっていたのですよnotes
お客があまり音楽をかけてくれない時は、支配人が100円を渡して『おさむちゃん頼むわ』ってね。・・・・・僕がいつも同じ曲ばかりかけるものだから『またあれかいなぁ』って支配人もあきれてましたけどwink

下宿ではK平と一緒に歌ったのを懐かしく思い出します。
出足のフレーズの『Got on board~note』は何度聴いても『ガロンボーやんなあ』『せやせやガロンボーでええねん』『ガロンボーな』『そうそう』笑・・・・・なあんてねhappy01

『それではガロンボーを一丁っscissors

【カリフォルニアの青い空】
http://jp.youtube.com/watch?v=2KjF58a6V_s&feature=related

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

セレクションの6

少し暖かくなってきたようですが、結構、花粉だとか黄砂だとかが飛んで来て、埃っぽい感じもしますね。
でも、この調子だと桜の開花も早いかもですねcherryblossom
楽しみに待ちましょうかね。

今日はセレクションの6としまして、スコット・マッケンジーの『花のサンフランシスコ』を挙げたく思います。

1960年代の終わり頃、ベトナム戦争に反対する平和的な運動とでも言うのでしょうか、当時の僕の目には全く、お気楽そうにしか見えないヒッピー族ではあったけれど、アメリカの大らかさのようなもの、若者が主導する文化の香りのようなものを感じたのでした。
高校の教室にギターを持ち込んで、休み時間に得意げになって、この曲を歌ったのが、懐かしく思い出されるのです。
そして、一緒になって歌った仲間の顔も浮かんでくるのです。

スコット・マッケンジー『花のサンフランシスコ』
http://jp.youtube.com/watch?v=DspcTcVslsI

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

セレクションの5

以前にも【音楽】のカテゴリの中で紹介しましたが、今日はジョルジュ・ムスタキの『私の孤独』という曲です。

1974年にTBS系で放送された『バラ色の人生』というドラマをご記憶でしょうか?
今、流行の韓流のドラマじゃないですよ(笑)
寺尾聡、香山美子、仁科明子などが出演していたのですが、このドラマの主題歌がムスタキの『私の孤独』なのです。原題はMa Solitude 。
ドラマの中の幾つかのシーンでも、この曲が実に切なく流されていたものです。

『いや、私は決して一人なんかじゃない。私の孤独といっしょだから・・・・・』

恥ずかしながら、この曲を知った学生時代以降、幾度となくこの曲を聴いたものです。下宿の部屋の片隅で、眼を閉じて両膝を抱えながら、震えるような淋しさに浸りながらも、ムスタキの優しさに慰められたものでした。
この曲以外にも『希望』『17歳』など、琴線に触れる名曲が多いのですが、You TubeにUPされているのはこの曲だけのようです。
またお時間ありましたらお聴き下さい。

http://jp.youtube.com/watch?v=qSZKO5K2eTE&feature=related

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

前回に続きセレクションの4です!

今回はGeorge Harrisonです。

僕がこのライブの映像を手にしたのは、約20年ほど前の事でした。録画して以降は何度も何度も見ることになるのですが、見るたびに感じる事・・・・・
それは、ミュージシャンとしての『カッコ良さ』です。
ビートルズ時代もそうでしたが、決して突出して目立ちたがる様子も少なく、ジョンやポールの陰に隠れて見える・・・・?!ちょっとした奥ゆかしさを秘めた、ジェントルマン的なところがとても好きでした。
かつ、『ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス』『サムシング』『ヒア・カムズ・ザ・サン』『マイ・スウィート・ロード』等の名曲も残してくれました。

とても残念なことに、2001年11月、癌のため他界してしまった事が悔やまれてなりません。
僕が大切に保存してきた映像がyou tubeで見ることができますので、UPさせていただきます。是非これを見て『カッコいい~』と実感してほしく思うのです。

1976年、Paul Simonの番組にゲストとして出演した時のものです。
↓クリックしてご覧下さい。

http://jp.youtube.com/watch?v=d_wpjiyViwo

追記(2月24日朝の積雪)

Photo Photo_2 Photo_3

やってられませんわぁ~snow

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

ちょっとシリーズ化してみますね!

今回、新しくカテゴリーを増やしました。
【Music Selection】なあんてね(笑)

まあ、僕のしょうもない毎日の日記に混ぜて、僕のお気に入りな音楽を時折UPさせていただこうかなあって感じです。
you tubeなんかでいい曲を見つけては、ここに上げて行こうかなと思うのです。

で、第一回が去年の【斉藤和義のウエディング・ソング】
第二回が先日の【うめまつりの北山杉】という事にして、今回で早くも第三回を迎えるという段取りで失礼いたしたくnote

今日は山本潤子さんです。
僕がエレキに熱中してバンドを組んだのが中3の時。そして初めてコンテストに出たのが高1の時の秋頃。
『第三回ヤマハ・ライトミュージックコンテスト』っていうものなんですがね。
たまたま地区予選がこの篠山であってね、三田市とか福知山市あたりからも参加してくるバンドがあって、20組近くの参加があったのですが・・・・。
僕たちも出ましたよ!丸坊主頭で(笑)しかも学生服姿で(笑)
で、
結果、なんと第3位bellだったのですよ!なかなか凄いでしょ!
でも、次の大会に進めるのは2位まででね。結果、涙を呑んだという次第なんですがね。
さてさて、その後この年度の全国最優秀1位になったのが【赤い鳥】なんですよね。ちなみに2位が小田和正のいる【オフコース】という年度でね。どう考えても、僕らには無理が山ほどあるってね!
まあ、そんなこんなで赤い鳥にはちょっとした思い入れみたいなのもありましたし、特に山本潤子さんにはね(笑)
彼女、年を経るごとに、歌い方も声量もUPしてきたような印象で、これからもずっと歌い続けてほしいと願うばかりです。

曲は【忘れていた朝】
横ではフォークの達人、坂崎幸之助さんが脇役で頑張っておられます(笑)

http://jp.youtube.com/watch?v=Z8msKMT0TjE
↑クリックして下さい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

見つけたよ~

you tubeで、僕の大好きな『北山杉』を見つけました。
UPされたのは最近のようで、いつまで見れるかは分りませんので、特に京都に想い出のある方は(笑)是非ともお聴きいただきたく思うのです。
今のうちかも・・・・・

http://jp.youtube.com/watch?v=Q3R9l9poRx0

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

いいですねぇ!

斉藤和義。

みなさん、すでにご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、これはいい曲です!
琴線にも涙腺にも触れます(笑)
彼の歌は昔に『君の顔が好きだ』というのを聴いた事があるのですが、この『ウエディング・ソング』にはちょっと嵌ってしまいました。
是非、聴いてみて下さい・・・・・。
  ↓

http://www.youtube.com:80/watch?v=CGV2MYUXOgc

4/20追記
最初は開いていたのですが、この曲はダウンロード不可能となってしまったようです★
版権の問題がでたのかもです・・・・

| | コメント (14) | トラックバック (0)